癒しのオーキッドハウス

定年退職し、時間がある程度許されるので いい花も咲かせるのでは? そして皆様に紹介していけたらと思っています。中には数時間しか咲かない花もあります。ぜひ見ていただきたいです。 目標は週に1回以上の更新です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『Phalのいろいろ』

『Phal.特集』

今日は四国蘭協会の定例会でもあるし午前中はJOGAの株の審査会でもありました。
静岡県裾野市からは毎年、ハナジマ/Oの鈴木氏、それから大和農園の社長、京都からは,
かの有名な高橋園芸のオーナ、
有名人が集まりました。
定例会ではスライドを使用しての東南アジアの新しく見つかった蘭についての解説、説明がありました。
まだまだ未知の世界が広がっていくような気がいたしました。


我が家では、こんな花が咲いております。

Phal.lueddemanniana ‘tsukagoshi’
(ファレノプシス属 ルデマニア-ナ バライティ:ツカゴシ)
Phal.ルデ ツカゴシ
自生地はヒィリピンの低地に自生。
株の大きさはフリ-スパン:15センチくらいです。
花径は5×5センチくらいで少し紫がかりきれいです。
花持ちも20日以上楽しめます。

Phal.lueddemanniana ‘Woodlawn’
(ファレノプシス属 ルデマニア-ナ バライティ-:ウッドラウン)
Phal.ルデ ウッドラウン

花径は4.5×4.5センチくらい
上記の株と同様に花の模様が幾何学的で面白いです。


Phal.violacea var alba
(ファレノプシス属 ビオラセア アルバ)
Phal..ビオラセア アルバ 
Phal.ビオラセア アルバ-2
自生地はマレ-半島とスマトラ、ボルネオ。
株の大きさはフリ-スパン:20センチくらい
通常は赤紫と緑の配色の花をよく見かけますが白と緑色の色彩も清楚です。
花径は4×4センチ。
良い香りがいたします。
この花も20日以上楽しめます。

Phal.pulchra ‘Oscar’
(ファレノプシス属 プルクラ バラエティ:オスカ-)
Phal.プルケラム
自生地はフィリピンの700mくらいまでの低地。
株の大きさは10センチ大くらいです。
花径は3.5×3.5センチくらいです。
この花は濡れているような光沢ある花です。
わずかに弁先に白が入ります。

Phal.javanica
(ファレノプシス属 ジャバニカ)
Phal.ジャバニカ-1
Phal..ジャバニカ-2
自生地はJava島の海抜1000mまでの地域で着生しています。
株は小形で、フリ-スパン15センチくらいです。
ステムは根のように一旦、鉢中に入ってから空中に出てきます。
一ステムに2~3輪花を付けます。
花は3×3センチと、小さいですが、赤いストライプが綺麗です。

Phal.amboinensis ×バンブ-クリケット
(ファレノプシス属 アンポイネンシス×バンブ-クリケット)
Phal.アンポイ×バンブ-交配
これは交配種です。
胡蝶蘭で、黄色は少ないと聞いておりますが黄色の花です。
花径は5×6センチの縦長です。
一花茎に3~4輪ぱらぱらと咲き続けます。


胡蝶蘭の原種もまだまだ有りますが花時が会わず次回、時を見て紹介いたします。
スポンサーサイト
  1. 2009/05/25(月) 23:58:19|
  2. ファレノプシス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

あもうパパ

Author:あもうパパ
2008年6月定年退職しまして、セカンドライフが始まりました。
50歳くらいからバラエティ-にとんだ洋蘭をはじめました。
毎日娘のゴールデンレトリバー2頭と性格正反対の妻とワイワイガヤガヤしつつ楽しく過ごしています。最近じーじになり孫のガン見に照れ、癒されています。
ブログ初心者ですのでお手柔らかに。
08.09.23 生活をともにした天羽、13歳3ヶ月逝く
09.05.12家族が増える。
09.03.01生まれの、 ゴールデンレトリバー『ひなた』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。