癒しのオーキッドハウス

定年退職し、時間がある程度許されるので いい花も咲かせるのでは? そして皆様に紹介していけたらと思っています。中には数時間しか咲かない花もあります。ぜひ見ていただきたいです。 目標は週に1回以上の更新です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

晩秋、ご無沙汰

  
皆さま、おはようございます。
約半年、更新を留守って居ました。

夏前から整地に入り、やっとセカンドハウスの格好が仕上がりつつあります。
実際、株の搬入までにはまだまだ、しないといけない作業がありますが---。
早く取り入れないと寒さが追ってきます。
ハウス-2
手前の倒木は来期、我が家で使用する薪スト-ブの原料です。
右側、道路沿いにはヤマボウシ、大山蓮華、紅梅など移植しました。

今回、東京、晴海にて『AJOS 晴海トリトン秋の洋らん展2012』に
株市を出すことになりました。
期間は11月11日(日)~11月14日(水)
時間は10:00~19:00 最終日は15:00までです。
会場はトリトンスクエア グランドロビ-です。
デンドロ、バルボ、胡蝶蘭等、主に原種株を取り揃え、御提供したいと
考えています。お近くの方、会社帰り、気分転換にふらっと寄ってみてください。
お店の名前は、『春ひなオ-キッド』です。
よろしくお願いいたします。

今、咲いている花達です。
Aeranthes. henrici(エランテス属 ヘンリッキィ-)

随分前から居座っていますが、一向に花が付かず、困っていましたが
2輪開花しました。
10cm以上の大輪で、見ごたえがあります。
一向に咲かないので、これと同じ株を何株か入手しましたが株先に、水がたまると
すぐ腐ります。
要注意ですね。
Aerantes. ヘンリッキ-


Bulb. fascinator(バルボヒィラム属 ファシィナタ-)
正式には Bulbophyllum putidum (プチダム)だそうです。
Bulb.ファシナタ
飾りがすごい。
お洒落な花なのに臭い。
因みにボルネオ産です。


前回のブログ更新した時期から咲いている
Drits. pulcherrima semi-alba(ドリチィス属 プルケリマ セミアルバ)
Dori. プルケリマ セミアルバ

ふさざきで、下の段から花が終わっていますが
まだ残りが着いています。


四国は、結構暖かく、外の「もみじ」も、緑濃いですね。
少し、黄色くなってきたか?
ノビル系はまだ外で頑張っています。
11月中から末頃に取り入れようかと思案中です。
スポンサーサイト
  1. 2012/11/06(火) 08:09:31|
  2. その他の蘭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

フウランPAT-Ⅱ

フウランPAT-Ⅱ

四国もここ数日、梅雨らしい天気なってきました。
本日、久々に雨らしい雨が降りました。
早明浦ダムも少しは溜まったかなあ。

この季節、爽やかな香りときれいな?花を楽しみましょう。

「轡虫-クツワムシ」
クツワムシ-1
クツワムシ-2
弁先にピンク色がのり、気品があります。
距が前に突き出ています。
花の大きさは一般のフウランより少し小ぶりです。


「紅雀-ベニスズメ」
べにすずめ
ピンクがきれいで「轡虫」より一回り大きい花です。
今年は例年になく、たくさん咲きました。

「春及殿-シュンキュウデン」
春宮殿
花が大きく茎から垂れ下がります。
この花は花持ちがよく、1ヶ月くらい楽しめます。


この花、昨年は湿気てしまい、今年が初めての開花です。
Den.spectatissimum SECTION Formosae
(デンドロビュ-ム属 スペクタテッシマム フォーモッサエ亜属)
Den.スペクタテッシマム-2
Den.スペクタテッシマム-1
自生地はボルネオ島
我が家の株は30センチくらいで、成長が遅いです。
バルブ、葉ともに黒毛が生えたまさにホーモッサム系の種です。
同属の他の種に比べ、非常にバルブも太く、ガチガチです。
バルブの上部に2輪花を着けました。
花も大きく8×5cm、見ごたえがあります。
白花にリップが黄色に、奥がピンク色。


Paraphalaenopsis.laycockii
(パラファレノプシス レイコッキィ-)
パラF.レイコッキ-
自生地はボルネオ島
我が家ではヘゴ付けにし、毎日水を掛けております。
株は1m近くあり葉は、多肉質の棒状です。
結構高温と湿度を好みます。
毎年この時季、10輪近く花を付けております。
花持ちは10日くらいです。


これからの季節、高温で湿度も高く、病害虫の発生しやすい状況です。
まずは毎日観察し、発見次第、早めに防除しましょう。
  1. 2009/07/01(水) 23:22:23|
  2. その他の蘭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

名も知らない熱帯性植物

『名も知らない熱帯性植物』


前回、6月5日のブログの末尾に張りました植物について
ひいきにして頂いている奥田園芸さんから連絡がありました。
Dischidia pectenoides
(ディスキディア属 ペクティノイデス)
ペクテノイデス

和属名:ガガイモ科のフクロカズラだそうです。
俗名:カンガル-ポケット
そう、カンガル-のお腹に似ています。
自生地はフィリピンとの事です。


四国は、ここ3日間、いい天気が続きまして先日のペクティノイデスの「さや」がはじけました。
たんぽぽの種のように綿毛がついて今にも飛んでいきそうな状態です。
ピンセットで摘んで脱脂綿上に採取いたしました。
可能かどうかわかりませんが小さなセルトレ-に直播しました。
変化があればまたお知らせ致します。

本日より四国も梅雨に入ったのか、早朝よりまとまった雨が降っています。

ハウスでは今、こんな花が咲いております。

B.Cucullata
(ブラッサボラ属 ククラ-タ)
自生地はメキシコでカトレアの性質とよく似ています。
B.ククラ-タ-1
B.ククラ-タ-2
草丈は1m弱
バルブが15センチほどあり、その先端から葉が出ます。
葉は棒状の、細い葉を数本出し、葉の付け根からつぼみをつけます。
バルブと葉の区別がよく分かりません。
B.ククラ-タ-3
花の大きさは5×15センチくらい。
花持ちは10~15日程度。
雨に濡れたような咲き方で情緒があります。

V.tessellata
(バンダ属 テッセラ-タ)
自生地はインド、スリランカ。ちなみにこの株はインド産です。
V.テッセラ-タ-1
V.テッセラ-タ-2

株高は30センチくらい。
花持ちは20日くらいでしょうか。
マニアックな花、青紫のリップが何とも言えません。
毎年咲いてくれます。
V.テッセラ-タ-3

ところで「ひなた」も、わが家の家族にも馴染み、すくすく育っています。
(先日、「日向」で公表いたしましたが一部からクレ-ムがあり、改めました)
数日前、健康診断に行って体重は10キロオ-バで、順調です。
今、下のしつけに大わらわです。
  1. 2009/06/10(水) 15:49:54|
  2. その他の蘭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

はや師走

早や師走

 県立農大に9月から短期研修で花き園芸の基礎を勉強してきました。
残暑厳しい暑さに耐えてカ-ネ-ションハウスでの芽欠き、雨カッパ、マスクをしての予防散布、他菊等。
レナンキュラス、ビオラetc蒔種から鉢上げなど。
アッと言う間の期間でした。
メリットとして農作業の基礎が学べ、先生方、講師の方々、と面識ができ、今後の知識習得につながりました。
また、目標を同じくした香川一円の人たちとの情報交換、親睦にもつながり、今後の相談役にもなるかたがたにめぐり合いました。

今後、学んだ知識を洋蘭栽培に応用し、いい花を咲かせたいものです。

ところで12月に入り、残すところ一ヶ月をきってしまいました。


 今、咲いているのは
Cirrhopetalum. thouarsii
(シルホペタラム属 ソ-ア-シ)
バルボ-1
バルボ-2
バルボ-3
我が家に来てあまりにも古く、閻魔帳にも載っておりません。
いつになっても咲かないので、木枠に植えてほったからしでおりましたら大株になりました。
数年前くらいからぼちぼち咲きかけました。
しょうも無い株ですが、沢山花がつくと見栄えがあります。
花の大きさは一輪が8ミリ×30ミリでシルホ特有の円盤型です。

次に Rangaeris. muscicola (ランガエリス属 ムシカラ-)
ムシカラ--1
ムシカラ--2
ムシカラ--3 
自生地は中央アフリカ~南アフリカ
アングレカム属、エランギス属と性質が良く似ているようです。
株高は15センチ程度の小形です。
茎は単茎性で、一見風蘭を少し大きくしたような姿です。
コルクにつけておりますが、茶色の太い空中根が伸びています。
花は20×20ミリで距が長く10センチ以上もあります。

Angcm. eburneum (アングレカム属 エブリニュ-ム)
エバ-ニュ-
自生地はマダガスカル島、コロモ諸島、および東アフリカなど。
株姿は大型で1mくらい、大きいのであれば大人一抱えもあるのを見たこともあります。
葉は革質で硬い。
花は白色で上記、ムシカラ-と同様、行儀良く並んで咲きます。
花の大きさは8×10センチくらいです。

Angcm. eichlerianum (アングレカム属 エイチェリアナム)
エイチェリアナム-1
エイチェリアナム-2
上記と同じアングレカム属で、自生地はアフリカ西部のナイジェリア~アンゴラ。
株高は60センチ以上になるとのことですが、我が家では一度春先に蒸らしてしまいました。
そのため40センチくらいで、最近やっと勢いついてきました。
葉は肉厚で多肉です。
花色は同じ白色で8×8センチありました。

アランダ属 ???種(アラクニス属とバンダ属の属間交配種)
アラマンダ-1
アラマンダ-2

5年くらい前、私の所属する蘭協会の株市で「切花でも良いか」との思いで買ったもので、気に入っております。
毎年咲き、強健で楽しんでおります。
花は7×7センチくらいで花持ちは10日くらいでしょうか。

ところで先日の暖かい日、ハウスの戸を開けている合間に、近所のネコが侵入しておりました。
翌朝、バスケットの小鉢はひっくり返り、ベンチのサボテンがめちゃめちゃにひっくり返っている。
デンドロのインシグネのリ-ドが根元から折れて落下している。
誰かが入った形跡あり。
そういえば、夕方ネコが家の周辺で鳴いていた。
それから宝探しのように捜索を開始。
脚立をたてて天張りの上、ベンチの下、ボイラ-の中、ガラスと内張りの間。
くまなく探しました。
いたいた。
内張りの二重に重なったビニ-ルシ-トの間でうずくまっている黒い塊。
全部の戸を開放し追い出す。
雨の中、ずぶぬれで奮闘いたしました。
比較的損害も少なく、なによりでした。
ネコも暖かくいい場所をと入ってきたのでしょうが、近所のネコのため、飼い主に文句も言えず困りはてております。
クライムオ-キッドのヘビさんよりも性質が悪いです。
皆様もご注意を。
  1. 2008/12/06(土) 22:48:00|
  2. その他の蘭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

巨大な花が咲く


本日は梅雨らしく曇っております。数日前よりバスケット植えのスタンホペア チグリナ (Stanphopea tigrina)のつぼみが

膨らんで降りましたが本日開いたしました。



Stanphopea tigrina (1)
Stanphopea tigrina (2)

直径15センチ以上の巨大輪です。自生地はメキシコでバスケットよりぶら下がって

咲いております。



テーマ:栽培 洋蘭  - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/06/15(日) 12:01:19|
  2. その他の蘭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

あもうパパ

Author:あもうパパ
2008年6月定年退職しまして、セカンドライフが始まりました。
50歳くらいからバラエティ-にとんだ洋蘭をはじめました。
毎日娘のゴールデンレトリバー2頭と性格正反対の妻とワイワイガヤガヤしつつ楽しく過ごしています。最近じーじになり孫のガン見に照れ、癒されています。
ブログ初心者ですのでお手柔らかに。
08.09.23 生活をともにした天羽、13歳3ヶ月逝く
09.05.12家族が増える。
09.03.01生まれの、 ゴールデンレトリバー『ひなた』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。