癒しのオーキッドハウス

定年退職し、時間がある程度許されるので いい花も咲かせるのでは? そして皆様に紹介していけたらと思っています。中には数時間しか咲かない花もあります。ぜひ見ていただきたいです。 目標は週に1回以上の更新です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大晦日・今年一年お世話になりました

大晦日・今年一年お世話になりました

ここ2週間ほど、来年に使用する薪を調達に、近所の果樹園に通っておりました。
桃畑の間伐をして実を太らすのが目的で、込み合った桃の木を切るものです。
2tトラック2車分くらい集まり、1年間使用できそうです。

その後、清里、白馬へ我が家の小春を連れて、ワンコの撮影に行ってきました。
当初21日からの旅行を、雪が無いため、24日出発に変更しました。
おかげでいい写真が撮れたと思います。

途中、静岡の蘭屋ナーセリ-・イデさんのハウスに寄って、Den. chittimaeを入手。

白馬村では結婚式の仲人をしてもらったKさん宅に寄せてもらいました。
一年ぶりの再会で薪スト-ブのこと、山の話、漆器細工等、話がつきませんでした。

翌朝、雪の中を一気に香川まで帰ってきました。


今、ハウスで咲いている花は
Den.gregulus SECTION Aporum
(デンドロビュ-ム グレグラス アポリュ-ム亜属) den グレグラス-1
den グレグラス-2

株姿はミニで10センチ高。
この季節、青々とした葉っぱに真っ白な花を一面に付け清楚です。
通常、葉っぱは落葉し花が咲くとの事。
また、花色は白から薄ピンク、薄紫色なので別種かもわかりません。
画像(Den.gregulus)の採取地はタイ北部です。
どなたか詳細がわかりましたら教えてください。


Den.garettii SECTION Stachyobium 
(デンドロビュ-ム ガレッティ- スタキロビュ-ム亜属)  Den ガレッティ

参考Den.porphylochilum
(デンドロビュ-ム ポ-フィロキラム)
Denポ-ヒィロキラム

株姿は10センチ程度の小形で晩秋に落葉します。
ちいさな球状のバルブから針金状の茎、白花でリップは紅色で先日ご紹介いたしましたDen.porphylochilumより色が濃く美花です。
自生地は上記と同じタイ北部です。

Bulb.mastersianum?  
(バルボフィラム マスタシアナム?)
バルボ マスタシアナム-1
バルボ マスタシアナム-2

インドネシア産の大きなヘゴ付け株
近日近所の蘭屋さんに行った時見つけたものです。
ただ札落ちで詳細不詳。
一個の花が1.5センチ×5センチ
黄金色の豪華な花です。


今年も今日で終わり
一年一年が早く感じられるようになり、少しでもいい花を咲かせようと焦ります。
色々手を尽くしますがそれが逆手になり、失敗もたびたびです。
来年も頑張ります。

皆様も良いお年をお迎えください。
有難うございました。
スポンサーサイト
  1. 2008/12/31(水) 21:38:48|
  2. デンドロビューム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

年末にむけて

年末にむけて
不景気で悪い話ばかり聞こえてきますが,皆さんいかがお過ごしでしょうか。

今、我が家のハウスで咲いているものは
Den. Strongylanthum SECTION Stachyobium 
(デンドロビュ-ム属 ストロンギランサム スタキロビュ-ム亜属)
Denストロンギランサム-1
Denストロンギランサム-2

自生地は中国側ヒマラヤ、ミャンマ-、ラオス、タイなどで,当株はミャンマ-の採取品です。
適温としては中温性なので小さなプラ鉢に植えて吊り下げております。
株高は30センチで毎年1芽しか吹かず、また古いバルブが一つ減ります。
非常に作りづらい株です。
数年前、私の所属する蘭協会で珍品賞を頂きました。
結構珍しいものでしょうか。
花の大きさは1×2センチ程度の花が十数輪ぶら下がって咲きます。
花期間は20日~30日程度だったように思います。

Scuticarla hadwenii (スクチィケリア属 ハ-ドウイニィ-)
スクチィケリアハ-ド-1
スクチケリアハ-ド-2

自生地は南米のブラジル、ガイアナ共和国(ブラジルの北側)等。
花は径7センチくらいあり、少し下向きに咲きます。
トラ符の模様が何とも言えません。
花茎が10センチと短く、葉は棒状で30センチくらいが数本立ち上がります。
私も写真では何度も見ていましたが実物を見るのは初めてです。
非常に印象的な花です。
南米産らしく、冬でも太陽と水を好みます。

なにかと忙しくなりますが、お体に気をつけてください。
  1. 2008/12/11(木) 19:01:14|
  2. デンドロビューム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はや師走

早や師走

 県立農大に9月から短期研修で花き園芸の基礎を勉強してきました。
残暑厳しい暑さに耐えてカ-ネ-ションハウスでの芽欠き、雨カッパ、マスクをしての予防散布、他菊等。
レナンキュラス、ビオラetc蒔種から鉢上げなど。
アッと言う間の期間でした。
メリットとして農作業の基礎が学べ、先生方、講師の方々、と面識ができ、今後の知識習得につながりました。
また、目標を同じくした香川一円の人たちとの情報交換、親睦にもつながり、今後の相談役にもなるかたがたにめぐり合いました。

今後、学んだ知識を洋蘭栽培に応用し、いい花を咲かせたいものです。

ところで12月に入り、残すところ一ヶ月をきってしまいました。


 今、咲いているのは
Cirrhopetalum. thouarsii
(シルホペタラム属 ソ-ア-シ)
バルボ-1
バルボ-2
バルボ-3
我が家に来てあまりにも古く、閻魔帳にも載っておりません。
いつになっても咲かないので、木枠に植えてほったからしでおりましたら大株になりました。
数年前くらいからぼちぼち咲きかけました。
しょうも無い株ですが、沢山花がつくと見栄えがあります。
花の大きさは一輪が8ミリ×30ミリでシルホ特有の円盤型です。

次に Rangaeris. muscicola (ランガエリス属 ムシカラ-)
ムシカラ--1
ムシカラ--2
ムシカラ--3 
自生地は中央アフリカ~南アフリカ
アングレカム属、エランギス属と性質が良く似ているようです。
株高は15センチ程度の小形です。
茎は単茎性で、一見風蘭を少し大きくしたような姿です。
コルクにつけておりますが、茶色の太い空中根が伸びています。
花は20×20ミリで距が長く10センチ以上もあります。

Angcm. eburneum (アングレカム属 エブリニュ-ム)
エバ-ニュ-
自生地はマダガスカル島、コロモ諸島、および東アフリカなど。
株姿は大型で1mくらい、大きいのであれば大人一抱えもあるのを見たこともあります。
葉は革質で硬い。
花は白色で上記、ムシカラ-と同様、行儀良く並んで咲きます。
花の大きさは8×10センチくらいです。

Angcm. eichlerianum (アングレカム属 エイチェリアナム)
エイチェリアナム-1
エイチェリアナム-2
上記と同じアングレカム属で、自生地はアフリカ西部のナイジェリア~アンゴラ。
株高は60センチ以上になるとのことですが、我が家では一度春先に蒸らしてしまいました。
そのため40センチくらいで、最近やっと勢いついてきました。
葉は肉厚で多肉です。
花色は同じ白色で8×8センチありました。

アランダ属 ???種(アラクニス属とバンダ属の属間交配種)
アラマンダ-1
アラマンダ-2

5年くらい前、私の所属する蘭協会の株市で「切花でも良いか」との思いで買ったもので、気に入っております。
毎年咲き、強健で楽しんでおります。
花は7×7センチくらいで花持ちは10日くらいでしょうか。

ところで先日の暖かい日、ハウスの戸を開けている合間に、近所のネコが侵入しておりました。
翌朝、バスケットの小鉢はひっくり返り、ベンチのサボテンがめちゃめちゃにひっくり返っている。
デンドロのインシグネのリ-ドが根元から折れて落下している。
誰かが入った形跡あり。
そういえば、夕方ネコが家の周辺で鳴いていた。
それから宝探しのように捜索を開始。
脚立をたてて天張りの上、ベンチの下、ボイラ-の中、ガラスと内張りの間。
くまなく探しました。
いたいた。
内張りの二重に重なったビニ-ルシ-トの間でうずくまっている黒い塊。
全部の戸を開放し追い出す。
雨の中、ずぶぬれで奮闘いたしました。
比較的損害も少なく、なによりでした。
ネコも暖かくいい場所をと入ってきたのでしょうが、近所のネコのため、飼い主に文句も言えず困りはてております。
クライムオ-キッドのヘビさんよりも性質が悪いです。
皆様もご注意を。
  1. 2008/12/06(土) 22:48:00|
  2. その他の蘭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年も後ひとつき

 こんばんは
わが家は北側に何も無く、この季節になると木枯らしが凄く、息ができないほどです。
玄関口には枯れ葉が舞い、吹き溜まりができています。
こう寒くても、ハウスに入ると癒されます。

 今、咲いている花は
Den.macrophyllum SECTION Latouria
(デンドロビュ-ム マクロフィラム ラト-リア亜属)
Den.マクロフィラム-1
Den.マクロフィラム-2
自生地はフィリピン、パプアニュ-ギニア、ジャワ島などで
木も大小、花の色も自生地によって違っているようです。

今咲いているこの木も1m以上あり、鉢いっぱいになっています。
花の大きさは6cm×6cmくらいです。
個体差により花模様が違います。

つぎは
Den. 不明 SECTION Formosae ?
(デンドロビュ-ム 不明、 名札は Den.ovipostriserumと、なっています。 フォ-モッサム亜属系?)
Den.オビポスト-1
Den.オビポスト-2
株の状態は、大株で親指くらいの太いバルブです。
竹のように、1.5m位直立して伸びています。
花は、バルブのほぼ上部よりステムが5センチくらい伸び、5輪下向きに咲きます。
この花は白花で、リップ中心に薄茶色が入る8センチ程度の大きな花です。

名前を色々探索しましたが、このつづりの品種は見当たりません。
私が知らないのかもしれませんが---。

よく似た名前で Den. ovipostoriferum と言うものが有りますが、
これは最近良く目にするDen.takahashii (syn)ですから、当株と全然株姿や花の状態が違います。

  参考資料:http://www.orchidspecies.com/
  その他、H.P.WoodのTHE DENDROBIUMS より
どなたか詳細をご存知であれば教えてください。

Den. Porphyrochilum SECTION Dockrillia亜属
(デンドロビュ-ム ポ-フィロキラム ドックリア亜属)
Den.ポ-フィロキラム-1
Den.ポ-フィロキラム-3
Den.ポ-フィロキラム-3
タイ、ミャンマ-で背丈5センチくらいの小さな株立ちです。
冬が来ると葉っぱが落葉し、小さなだるま形のバルブだけになります。
当然花立ちも小形で、花は1センチ弱。
ただ色合い、形状が変わっております。

V.Jannae (バンダ ジャナエ)
V.ジャナエ
この株は、我が家に来て未だ1年くらいで木が若く始めて咲いたものです。
花が湿気た理由とも重なり、 2輪しか開花しませんでした。
この種の詳細等はわかりませんが
白花で紫のストライプが入ると聞いておりましたが、ご覧の通りです。
花の大きさは4×4センチくらいです。

最近、油の価格が下がり気味で少しはほっとしております。
あと一息ですね。
今年も後一月になってしまいましたが、一年が毎年短かくなっていくような気がします。
  1. 2008/12/01(月) 19:29:08|
  2. デンドロビューム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

あもうパパ

Author:あもうパパ
2008年6月定年退職しまして、セカンドライフが始まりました。
50歳くらいからバラエティ-にとんだ洋蘭をはじめました。
毎日娘のゴールデンレトリバー2頭と性格正反対の妻とワイワイガヤガヤしつつ楽しく過ごしています。最近じーじになり孫のガン見に照れ、癒されています。
ブログ初心者ですのでお手柔らかに。
08.09.23 生活をともにした天羽、13歳3ヶ月逝く
09.05.12家族が増える。
09.03.01生まれの、 ゴールデンレトリバー『ひなた』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。