癒しのオーキッドハウス

定年退職し、時間がある程度許されるので いい花も咲かせるのでは? そして皆様に紹介していけたらと思っています。中には数時間しか咲かない花もあります。ぜひ見ていただきたいです。 目標は週に1回以上の更新です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大寒

 大寒

 今年は、大寒の入りが例年より早く、寒さも厳しいです。
その代わり春が早くくるかも。


各所で蘭展が開かれております。
中でも東京ド-ムで毎年開かれる世界蘭展を楽しみにしております。
世界各国、日本の蘭生産者、蘭愛好者の出品する花の中から日本大賞が決まります。
昨年は仕事が忙しく行けなかったのですが今年は絶対に行きます。
一つは蘭の勉強のため、また入手し難い品種の購入のため。
また各蘭屋さんとの再開、情報入手等。
今から楽しみにしております。

今、我が家ではDen.peguanum album‘Chie’ SECTION .Stachyobium
(デンドロビュ-ム ペグアナム アルバム チエ スタキロビュ-ム亜属)
わけ株1バルブを入手し、今年初めて花を見ました。
ペグアナムアルバム

素心の飽きない花です。
ただ、株がミニで手のひらに乗る大きさです。
花の大きさは15×15ミリ、株の大きさに比べると大きいほうかも。
自生地はヒマラヤ、インド、ネパ-ル、シッキム、ミャンマ-、タイ など。

通常の花はこれ
ペグアナム ノ-マル

昨年の夏は猛暑で寒冷紗を2重張りにしたためか、太陽が足りなかったのか。
花数が少なかった上に湿気てしまって2輪しか咲きませんでした。
これは言い訳。
色々反省。

Den.timorii album SECTION Pedilonium?
(デンドロビュ-ム属 ティモリ- ペディロナム亜属?)
ティモリ-1
ティモリ-2
 
自生地:不詳 インドネシアかも
株高は40センチくらい。
ホワイトグリ-ンのきれいな花です。
大きさは1×1センチ大の花が密集した、一見「スミリエ」の形が崩れたような花です。
この様な花でピンクタイプもあります。
いつかまた紹介できるでしょう。

Den.primulinum SECTION Dendrobium
(デンドロビュ-ム属 プリムリナム イエロ-リップ デンドロビュ-ム亜属)
プリムリナム-1
プリムリナム-2

自生地はインド、ネパ-ル、ミャンマ-、タイ、ベトナム、雲南等。
株高は20~30センチ。
花の大きさは5×5センチくらいのピンク花、リップが黄色のタイプです。
一足早く春が来たみたいです。
このタイプは夏に太陽をいっぱい当てて水をガンガンやります。
秋から霜が降りる季節まで水を切って寒さに当てることにより花芽をつけます。

V.TOKYO BLUE NO.4 
(交配種 バンダ トウキョウブル- NO.4)
ヴァンダ4-1
バンダの-4-2

バンダは単茎性の蘭ですが親木になって何年か経つと株元から子株が出てきます。
その子株にも花がつきました。
花の大きさは11×11センチ以上ありブルーの明るい色が何とも言えません。

今月末の27日~2月1日は三越高松店にて我が四国蘭協会の蘭展が始まります。
しかしこれと言った出品物が無く頭を悩ましております。
開花の調整、鉢の掃除等ボチボチ----。
気が進みません。
スポンサーサイト
  1. 2009/01/23(金) 23:39:35|
  2. デンドロビューム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

蘭展情報

 高松空港-蘭展のおしらせ

高松空港蘭展の日程が未定でしたが
明日、1月16日(金)~18日(日)まで
JOS日本蘭協会の主催でおこなわれます。


当方からはデンドロビュ-ムを出品いたしました。
他に素晴らしいカトレア、パフィオ等も出品されております。
空港2階のロビ-です。
入場料無料ですので気軽に見に行ってください。

         以上、おしらせまで
  1. 2009/01/15(木) 23:31:17|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

寒い日が続きます

1月11日、高松市内へ洋蘭個展を見に行ってきました。

井原氏・佐藤氏のパフィオ、他カトレヤ、バンダなど
会場は春~夏を思わせるネペンテス、フォスタ-の花、ボルネオの写真等も飾られ
1品々が立派過ぎて、ただ々見とれるばかりでした。
この完璧な1鉢、1鉢を見て我が家の蘭がいかに見すぼらしく、いい加減な管理か、自己嫌悪に陥りました。


 この見すぼらしい花の一部ですが
(具合の悪い部分をカットして掲載できるところが、ブログのいいところ)
Den.nemorale SECTION Conostalix
(デンドロビュ-ム属 ネモラレ コノスタリック亜属) 
自生地はヒィリピン、ルソン島など。
Den. ネモラレ-1
Den.ネモラレ-2

株高は30~40センチ程度。
花は一花径に1~2輪付き網目の模様が特徴です。
花期も結構長く持ちます。
高温、高湿度で栽培しております。

Den.infundibulum SECTION Formosae
(デンドロビュ-ム属 インファンディブラム フォ-モッサエ亜属)
Den.インファンデ-1
Den.インファンデ-2

自生地は中国ヒマラヤ、アッサム、ミャンマ-、タイ、ラオス、ベトナム等広い地域に及びます。
株高は40~50センチくらい。
花径は8×8センチ、一花茎に3~4輪付くそうですがこの株は一輪~2輪程度です。
リップにひだがあり非常にきれいです。
この株は我が家にきて間が無く、花持ちはまだわかりません。

Den.alexandrae SECTION Latouria
(デンドロビュ-ム属 アレキサンドレ- ラト-リア亜属)
Den.アレキ-1
Den.アレキサン-2

自生地はパプアニュ-ギニア東部周辺。
株立ちは40センチ程度
毎年この次期に咲いておりますが、だんだん花も大きくなってきたように思います。
株立ちが出来てきたからでしょうか。
8×8センチ黄色地に茶の斑点模様が付きます。

Angraecum leonis
(アングレカム属 レオニス)
アングレカム レオニス

自生地はマダガスカル諸島、コモロ諸島(生きたシ-ラ-カンスの捕獲地で有名)
株姿はジャ-マンアイリスに似た形の多肉の葉で弓型の優美な株スタイルです。
フリ-スパン30センチ程度です。
花は1花茎に2~3輪付き白色で7×7センチ程度です。
花の後ろ側に距が発達しています。
花期も20日~30日くらい咲いております。
結構湿度を好むほうでしょうか。


ここ2~3日非常に寒く蘭展以外、どこにも出かけず家にこもっております。
早く春が来るといいですね。
  1. 2009/01/12(月) 23:12:16|
  2. デンドロビューム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

明けましておめでとうございます

 明けましておめでとうございます.
今年も、いい花を咲かせようと頑張ります。
皆様にもブログを通して少しでも花の美しさ、珍しい花が紹介できたらと、思います。
それによって、花形のちがい、洋蘭の美しさ等を汲みとって頂き、関心を持って頂けたらと思います。

昨日、里帰りの子供、孫たちも引き揚げ我が家にも静けさが戻ってまいりました。
小春(愛犬)も寂しそうにしております。

我が家では今、
Den.belltulum From Vletnum SECTION Formosae
(デンドロビュ-ム ベラチュラム フォーモッサム亜属)
Den.ベラチュラム
 
株の状態は,手の平に乗るくらいの小さなもので,バルブも小指の先程です。
自生地はヒマラヤ、華南、タイ、ベトナムなど、ちなみに当株はベトナムの採取株です。
小さなバルブにもかかわらず,4×3.5センチくらいの大きな花をつけます。
バルブの先から花茎を伸ばし、花色は赤みの強い黄色の花を咲かせます。
リップの先が二つに切れ込み,筋が入る特徴があります。

Den.punamense(self) SECTION Latouria
(デンドロビュ-ム プナメンセ ラト-リア亜属)
Den.プナメンセ

株の大きさは同属のDen.macrophillumよりはるかに小形の大きさで、葉も薄く、その葉の裏側にひそかに隠れて咲きます。
花は葉と同じ色なので、ついつい見落としがちになります。
大きさは3×3センチほどで1花茎に3~4輪ほどつけます。
自生地はビスマルク諸島、ソロモン諸島です。

Den.ovipostoriferam Synonyms takahashii SECTION Formosae
(デンドロビュ-ム オビポストフィラム シノニム:タカハシ フォ-モッサム亜属)
Den.タカハシ-1
Den.タカハシ-3
Den.タカハシ-2

*最近はDen.Takahashii で流通しているみたいです。
株姿は中型でフォ-モッサム特有の黒い毛がバルブおよび葉を覆っています。
花は4~5センチほどあり、非常に魅力的でデンドロにしては大きな花です。
自生地はボルネオ。
良く似た花でリップが波打たない花も咲いております。

Robiguetia cerina?? (ロビ-ゲッチア セリナ??)
ロビセリナ-1
ROBI セリナ-2

名札はセリナですが、通常赤色のまるみを帯びた花ですので、少し様子が違います。
別種かもわかりません。
株立ちは通常のRobiquetia merrillii (ロビ-ゲッチア メリリ-)とほぼ同じ大きさです。
つぼみの状態は、薄ピンク色の集合体で花が開花すると茶色の斑点が入り
一見、花が終わった状態に見えます。
少し損をしているみたいです。
花の大きさは0.4×0.8ミリの集合体です。
花寿命は結構長く1ヶ月以上です。


これから洋蘭展の季節です。
三越高松店洋蘭展(1月27日~2月1日)
高松空港洋蘭展(日程未定)
サンメッセ フラワ-フェスティバル(2月28日~3月1日)
 上記3件は私も少し出品いたします。
そのほか各所で蘭展が開かれます。
たのしみですね。
ぜひ見に行ってください。
  1. 2009/01/05(月) 00:39:06|
  2. デンドロビューム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

あもうパパ

Author:あもうパパ
2008年6月定年退職しまして、セカンドライフが始まりました。
50歳くらいからバラエティ-にとんだ洋蘭をはじめました。
毎日娘のゴールデンレトリバー2頭と性格正反対の妻とワイワイガヤガヤしつつ楽しく過ごしています。最近じーじになり孫のガン見に照れ、癒されています。
ブログ初心者ですのでお手柔らかに。
08.09.23 生活をともにした天羽、13歳3ヶ月逝く
09.05.12家族が増える。
09.03.01生まれの、 ゴールデンレトリバー『ひなた』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。