癒しのオーキッドハウス

定年退職し、時間がある程度許されるので いい花も咲かせるのでは? そして皆様に紹介していけたらと思っています。中には数時間しか咲かない花もあります。ぜひ見ていただきたいです。 目標は週に1回以上の更新です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

春近し

 春近し
庭先のさんしゅゆがほころび始めました。
今週はずうっと雨か曇りの予報。

今、我が家では
Den.willamsonii SECTION Formosae
(デンドロビュ-ム属 ウイリアムソニィ- フォ-モッサエ亜属)
Den.ウイリアムソニ--1
Den.ウイリアムソニ--3
Den.ウイリアムソニ--2
この株高は20センチ程度。
自生地は中国ヒマラヤ、インドのアッサム地区、ミャンマ-、タイ、ベトナム等。
特徴としては太陽は好きなほうですが、少し涼しい所を好むようです。
水は結構好みます。
フォ-モッサエ亜属の中では小形の類に入るでしょうか。
花は意外と大きく、バルブの頂点に付き、花径4×4センチ。
バックに距が少し出ます。
リップは朱色でヒダがきれいです。
数年前に入手いたしましたが成長が悪く、昨年秋に植え替えをいたしました。
ミズゴケを取ると、2株が一緒に植わっていたため分離したところ、急に成長が旺盛になりました。

Den.obtusipetalum SECTION Calyptrochilus
(デンドロビュ-ム属 オブツセパラム カリプトロキラス亜属)
Den.オブツセパラム
自生地はニュ-ギニアの海抜800mくらい。
株高は30センチ以上。
たぶんジャングルの木の幹から垂れ下がって着生しているのでしょうか。
一輪の大きさは2×2センチ弱。
ただ色が濃く、花形もジェット機のような変わった形ですね。
沢山花が付くと見応えがあります。

Den.crispilingnum SECTION Spatulata 
(デンドロビュ-ム属 クリスビリンガナム スパチュラタ亜属)
Den.クリスビリガナム
自生地--詳細不詳
株高は30センチ程度。
株姿はラト-リア系に似ているのですがスパチュラタとのこと。
バルブは少し細めの小指の太さより一回り細い。
花の大きさは3×3センチ程度
黄緑色の濃淡があり、リップは赤茶色の点が入ります。
花の期間は15日~20日くらい。

これはデンドロビュ-ムではなく
Scuticarla salesiana 
(スクティケリア属 サレシアナ(意味:鞍紐)
スクッティケリア サレ
中型の着生蘭で自生地はエクアドルの海抜600~1300m付近。
葉は、細長い多肉の棒状葉でサレシアナは60センチ~1mに達します。
花は中型の径6×6センチ程度。
この種は花茎が短く、下向きに花を付けます。
このため鉢をぶら下げて管理しています。
花持ち良く1ヶ月くらい咲きます。
多湿が大好き。

今週末、,2月28日(土)から3月1日(日)の2日間、高松サンメッセで
『フラワ-フェスティバル2009』
が、始まります。
出品の鉢の選定、飾りつけの準備等、今日から開始です。

皆さん、見に来てね。
スポンサーサイト
  1. 2009/02/24(火) 00:00:53|
  2. デンドロビューム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

東京ド-ム世界蘭展

 やっぱり東京やなあ
ド-ム列

 東京ド-ム世界蘭展に行ってきました。
さすが東京、蘭の愛好者も多いんですねえ。
場内-1
場内-2
場内メインストリ-ト

「世界らん展日本大賞2009」はレリア.ス-パ-ビィエンス‘カワノ’
個別審査部門優秀賞です。
Lス-パ-ビエンス-2
Lスパ-ビエンス-1

これは大きい!
株が大きくカメラに入らない。
人が多く、カメラがぶれてうまく写っていない。
あしからず。

そのほか気になった2点
フャレノプシス.ギガンティア‘トヨサト’
原種の胡蝶蘭です。
ファレ

葉っぱが丸いのでボルネオのサラワク、サバ州周辺か?
葉っぱが大きく、花も大きい。
「上手に作っとるなあ」

それから
Dendrobium leucocyanum
デンドロビュ-ム.リュ-コシアラム‘ラブリィ-’(意味:可愛い)
たぶんパプア.ニュ-ギニアの原種でしょう。
Den.リュ-コキラム

青白くヒスイのような輝きが印象的。
立派でした。

プラグミペディウム属 コバチ- 
コバチ-1
コバチ-2
コバチ-3

南米ペル-の北部の一部の雲霧林に自生している物。
始めて実物を見る。
「大きい!」
15センチ以上はありそう。
ガラス張りの中だからうまく写らない。


ところで、我が香川県の
『フラワ-フェスティバル2009』 が
2月28日~3月1日、高松サンメッセで開かれます。
園芸、花卉、盆栽等の春のお祭りです。
我が家からも、デンドロ、他 少々出品いたします。
東京ド-ムの蘭展とは比べ物にならないかも知れませんが
珍しい花もあるかもしれません。
是非是非見に行ってください。

文中にリュ-コキラムと、記入していましたが、誤記でリュコシアラムに訂正いたしました。
失礼いたしました。
  1. 2009/02/20(金) 20:03:15|
  2. デンドロビューム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

どこに花がある

どこに花がある

ここ一週間ほど春のような季節感です。
昨日、大山(桝水原)へ愛犬を連れて撮影に行ってきましたが、雪が少なく春山のようでした。

あまりにも小さく、近々、花が咲いてから気がつく。
Den.pachyglossum SECTION Conostalix
(デンドロビュ-ム属 パチィグロッサム コノスタリック亜属)
Den.パチィグロッサム-2
Den.パチィグロッサム-1
 
株高は20センチくらいまで。
自生地はミャンマ-、タイ、マレ-シア、ボルネオ、ラオス、ベトナム等周辺です。
形といい、大きさといい、松葉に似た格好でミニサイズです。
良く見ると、なかなか味わいの有る花です。
花径は5ミリ~1センチ弱。

Den.agrostophyllum SECTION Brevisaccata.Monanthos
(デンドロビュ-ム属 アグロストフィラム ブレビサカ-タ亜属又はモナントス亜属?) 
Den.インファンデブラム-1
Den.インファンデブラム-3

株高は30センチ前後。
バルブはマッチ棒程で細い。
自生地はオ-ストラリアクイ-ズランド。
バルブが細い分、葉っぱも細く一見ひ弱そうに見える。
特徴はク-ル系で太陽は欲しがるようですが夏越しが心配です。
花径は1×1センチ程度

今年もドラコニスが咲き出しました。
Den.doraconis SECTION Formosae
(デンドロビュ-ム属 ドラコニス フォーモッサエ亜属)
Den.ドラコニス-2

株高50センチ以上で昨年、リードが3本ほど成長しました。
バルブも親指くらいの太さ。
このバルブにも花が付き、今年は見ごたえがあります。
5×5センチ位の白い花にリップの赤で絞まっています。

Den.ophioglossum  SECTION Pedilonum
(デンドロビュ-ム属 オヒィオグロッサム ペディロナム亜属)
Den.オフィオグロッサム-1
Den.オフィオグロッサム-2

株立ちは20センチ前後。
自生地はオーストラリア、パプアニュ-ギニアです。
花は小さな数ミリの白と緑の花の集合体で1センチ~2センチ程度の花がバルブの節々に付いています。
清楚で空きが来ません。


明日より東京ド-ム世界蘭展に行ってきます。
2009世界蘭展日本大賞を実際に見てきます。
蘭屋様の皆さんに会えるのも楽しみです。
  1. 2009/02/15(日) 23:42:53|
  2. デンドロビューム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

リップが無い?

リップがない?

そんなはずはない。

無事、三越洋蘭展も2月1日で終わりました。
役員の方々、出展の皆様、お疲れ様でいた。
夕方、出展の株の引き取りに行ってきましたが
相変わらず、1週間のストレスが株に蓄積されているみたいで疲れきった状態です。
ゆっくり養生させたいと思っております。


ところで今、こんな花が咲きました。
Den.wardianum SECTION Dendrobium 
(デンドロビュ-ム属 ワ-デアナム デンドロビュ-ム亜属)
Den.ワ-ディアナム-1

今までは通常の花でしたが
今年は、何輪かの内、一輪のみリップが変化して花びらが無いような花が咲きました。
一輪のみの変わり花ですから、たぶん継続はしないと思います。
Den.ワ-ディアナム-2

株高は20センチ。
自生地は中国、インド、タイなど。
花の大きさは60×60ミリ程度です。
色の配分がはっきりしております。
この類でgiganteum の株がありますが,この花は倍以上の大きさで株高も大きく、ダイナミックです。

Den.chittimae SECTION 不詳
(デンドロビュ-ム属キッチマエ 亜属不詳)
Den.キッチマエ-1
Den.キッチマエ-2

この株は近々に入手した物で,管理の詳細もはっきりしませんが
一般的に自生地はタイ、ベトナムだそうです。
管理は中温性で夏越しがどうか心配です。
株高は30センチくらいですが、実際はもっと大きいものと思われます。
花は40×40ミリ程度。
ピンクとグリ-ンの中間色で他に類の無いデンドロです。

Den.roseipes SECTION Pedilonum
(デンドロビュ-ム属 ロゼイペス ペディロナム亜属)
Den.ロゼイペス

株高は40センチくらい。
自生地はパプアニュ-ギニアです。
薄ピンク色のラウエシィ-の様な花の塊が、花の向きは関係なくバルブにくっ付いております。
花一輪の大きさは小さて、花径は1センチくらいでしょうか。
葉の付いているバルブ、付いていないバルブに関係なく、頂点に良く付きます。

Den.rigidum SECTION Dockrillia 
(デンドビュ-ム属 リギダム ドックリリア亜属)
Den.リギダム

株はミニサイズでヘゴ付けで良く育っております。
毎年この時期に茶と薄ピンクのまだらの花を咲かせております。
自生地はパプアニュ-ギニア、オ-ストラリア周辺です。


ハウスの遮光ネットを夏前から二重にしていましたが、取るのが面倒でそのままにしていました。
どうも今年の花のつきが悪いのは、これが原因?
その下側に内張りを張っております。
当然と言われれば言いようがありません。
反省しております。
そこで曇りの日に脚立にあがっての作業。
過密化した中でのやり難い作業で時間がかかりました。
  1. 2009/02/02(月) 20:25:23|
  2. デンドロビューム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

あもうパパ

Author:あもうパパ
2008年6月定年退職しまして、セカンドライフが始まりました。
50歳くらいからバラエティ-にとんだ洋蘭をはじめました。
毎日娘のゴールデンレトリバー2頭と性格正反対の妻とワイワイガヤガヤしつつ楽しく過ごしています。最近じーじになり孫のガン見に照れ、癒されています。
ブログ初心者ですのでお手柔らかに。
08.09.23 生活をともにした天羽、13歳3ヶ月逝く
09.05.12家族が増える。
09.03.01生まれの、 ゴールデンレトリバー『ひなた』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。