癒しのオーキッドハウス

定年退職し、時間がある程度許されるので いい花も咲かせるのでは? そして皆様に紹介していけたらと思っています。中には数時間しか咲かない花もあります。ぜひ見ていただきたいです。 目標は週に1回以上の更新です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フウランの香り

やっと田植えが終わりました。
約1ヘクタ-ルの水田
兄と二人でボチボチやって4日間
疲れました。


我が家ではこんな花が咲いています。
今年も風蘭の季節がやってきました。
天心
この蒸し暑い時季に爽やかな香りと、素心の気品有る日本の蘭。
国内では関東の南部より西、沖縄、台湾、中国周辺に自生しています。
私も一度自生している所を発見いたしました。
若かりしころクライミングの練習に、通っていた岩の岩盤に張り付いていました。
この風蘭、四国では高知が花物、柄物とも多く産出し、愛好する人も多いようです。
ちなみにこの花は、高知で発見された「天心-テンシン」。
変わり花で通常、距は花の後ろに生じるのですが、このはなは前に突起しています。
俗にゾウさんの花(鼻)、とも呼んでいます。


ところで各所で行われた春の蘭展も終わり、今度は納涼市、秋の花展まで、一段落しているところでしょうか。
春に入手した株で早いものでは花を付ける株もあります。
我が家では「Den.lancifolium」として入手した株が咲きましたが花が違います。
咲いた花は「Den.papilio SECTION Dolichocentrum」
(デンドロビュ-ム属 パビリオ ドリコセントラム亜属)でした。
Den.パビリオ
本命の花を一度は、咲かせたいものです。
背丈20センチくらいの株だと、どちらもよく似ているので蘭屋さんもついつい間違えたのでしょう。
「Den.lancifolium」は、インドネシア東部の海抜1700mくらいまでの地域に自生。
花色が紫色の2~4センチくらいで株に比べ、大き目の花が咲くそうです。
ランシホリュ-ムの写真が無いので、パビリオの咲いた花を張ります。
この類はたえず涼しく、風があたる環境がいいみたいです。

今回、始めて咲きました。
Den.crocatum SECTION Calcarifera
(デンドロビュ-ム属 クロカタム カルカリフェラ亜属)
Den.クロカタム-1
Den.クロカタム-3
自生地はタイ南部とマレ-シア
ちなみにこの株はカリマンタン産
株高は30センチくらいで細いバルブです。
写真のように非常に朱色の渋い色です。
後ろに水平に距が突き出しています。
花の大きさは4×3センチ。
花持ちは判りませんが、開花して1週間近く経ちますが変化ありません。
開花時より少し、色が濃くなったような気がします。

これはデンドロでは無くバルボヒィラム属
巨大な Bulb.fletcherianam SECTION Macrobulbon
バルボフィラム属 フレチェリアナム マクロブルボン亜属) 
Bulb.フレチェリアナム

自生地はニュ-ギニアの250~800mの高さに着生。
巨大な葉は長さ1mにも達し牛の舌とも言われております。
葉が長く大きいため優美です。
極力高湿度で管理すると葉も緑がかりきれいです。
花の大きさは3×7センチで何輪かの集合体です。
花持ちは1週間くらいです。


日中が30度Cを越す様な夏日になって来ました。
朝の水やりも夕方に変更せねばと、思っております。
スポンサーサイト
  1. 2009/06/21(日) 22:30:17|
  2. デンドロビューム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今日も真夏のような天気

『今日も真夏のような天気』

昨日は日本一のため池、『満濃池』でゆるぬきが行われました。

我が家のハウスではこんな花が咲いております。
Renanthera.storiei ‘Good’
(レナンセラ属 ストリエイ バライティ:グッド)
レナンセラ-1

この花の自生地はフィリピンのみ。
木の状態は2mもあり、まもなくハウスを突き抜けるくらいです。
1m弱の木を7年ほど前にもらって来たのですが、一向に花を付けず伸びる一方。
そのため半分にブチきり、2株にしました。
それでも成長するのみ。
この株は花を付けない蘭と思い、諦めておりましたが、ついに咲きました。
レナンセラ-2
レナンセラ-3

2株の上部側の、葉の付け根からステムが50センチくらい伸び、枝打ちして30輪ほど付けました。
花色も真夏にふさわしい色です。
性質がバンダ属と良く似ており、ほぼ直射に近い遮光率で管理しています。


Den.aphrodite SECTION Dendrobium
(デンドロビュ-ム属 アフロダイテ デンドロビュ-ム亜属)
Den.アフロダイテ

自生地:ビルマ、タイの海抜1400m近辺に着生。
株姿はバルブが玉鈴のように連なり、20センチくらいの高さです。
非常に高芽がでやすく、そこからびっしり気根が出ています。
それがまた鉢に根を下ろしています。
今年、春に植え替えをいたしましたが従来と同様、形を崩さずに植えました。
花は5×3センチくらいです。
結構花持ちも良く楽しめます。


Den.insigne SECTION Grastidium
(デンドロビュ-ム属 インシグネ グラスティジュ-ム亜属)
Den.インシグネ-1
Den.インシグネ-3

自生地はニュ-ギニア~クイーンズランド、オーストラリア周辺の低地に自生。
草丈は15~20センチ。
ニュ-オ-キッドNo153号には70センチ~1mと、有りますが----。
花は上部のバルブの付け根から1輪~2輪着きます。
花の大きさは4×4.5センチ程度
花持ちは3日~4日程度です。
太陽と乾燥が好きな種類です。


ところで今年も空梅雨なのでしょうか。
梅雨に入り、まだ雨が2回しか降りません。
今日も真夏のようでした。
  1. 2009/06/14(日) 22:52:19|
  2. デンドロビューム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名も知らない熱帯性植物

『名も知らない熱帯性植物』


前回、6月5日のブログの末尾に張りました植物について
ひいきにして頂いている奥田園芸さんから連絡がありました。
Dischidia pectenoides
(ディスキディア属 ペクティノイデス)
ペクテノイデス

和属名:ガガイモ科のフクロカズラだそうです。
俗名:カンガル-ポケット
そう、カンガル-のお腹に似ています。
自生地はフィリピンとの事です。


四国は、ここ3日間、いい天気が続きまして先日のペクティノイデスの「さや」がはじけました。
たんぽぽの種のように綿毛がついて今にも飛んでいきそうな状態です。
ピンセットで摘んで脱脂綿上に採取いたしました。
可能かどうかわかりませんが小さなセルトレ-に直播しました。
変化があればまたお知らせ致します。

本日より四国も梅雨に入ったのか、早朝よりまとまった雨が降っています。

ハウスでは今、こんな花が咲いております。

B.Cucullata
(ブラッサボラ属 ククラ-タ)
自生地はメキシコでカトレアの性質とよく似ています。
B.ククラ-タ-1
B.ククラ-タ-2
草丈は1m弱
バルブが15センチほどあり、その先端から葉が出ます。
葉は棒状の、細い葉を数本出し、葉の付け根からつぼみをつけます。
バルブと葉の区別がよく分かりません。
B.ククラ-タ-3
花の大きさは5×15センチくらい。
花持ちは10~15日程度。
雨に濡れたような咲き方で情緒があります。

V.tessellata
(バンダ属 テッセラ-タ)
自生地はインド、スリランカ。ちなみにこの株はインド産です。
V.テッセラ-タ-1
V.テッセラ-タ-2

株高は30センチくらい。
花持ちは20日くらいでしょうか。
マニアックな花、青紫のリップが何とも言えません。
毎年咲いてくれます。
V.テッセラ-タ-3

ところで「ひなた」も、わが家の家族にも馴染み、すくすく育っています。
(先日、「日向」で公表いたしましたが一部からクレ-ムがあり、改めました)
数日前、健康診断に行って体重は10キロオ-バで、順調です。
今、下のしつけに大わらわです。
  1. 2009/06/10(水) 15:49:54|
  2. その他の蘭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ほっと一息

今年一月から大阪の孫が長期滞在していました。
先日、やっと引き上げていきました。
帰った翌日の朝は、長期疲れで朝寝をしてしまいました。

今、我が家で咲いている花たちは

Den.purpureum SECTION  Pedilonum
(デンドロビュ-ム属 パ-プリュ-ム ペディロナム亜属)
Den.パ-プリュ-ム
自生地はニューギニア、カロリン諸島、フィジー、ヴァヌアツの低山帯の森から海抜1150メートルくらいで着生しています。
草丈は1m前後
花は葉の落葉したバルブの節々に、パラパラ付きます。
一つの花は3×12ミリくらいですがこれが20~30集まり、玉状に咲きます。
写真を見てもお分かりのように、花先は緑色が入り、他の種の花とは、趣が違います。
写真の状態も完全には開花していません。
花が色ずいてきてから1ヶ月以上楽しめます。

Den.lituiflorum SECTION Dendrobium 
(デンドロビュ-ム属 リッチフロ-ラム デンドロビュ-ム亜属)
別名:Dendrobium hanburyanum (デンドロビュ-ム属 フャンブリアナム)
Den.リッチフロ-ラム
自生地は中国側ヒマラヤのミャンマ-、タイ、ラオス、ベトナム等、海抜300m周辺。
木は下垂性で50センチほど垂れ下がり、葉の落ちたバルブに花が付きます。
花の大きさは5×4センチ。
花色は赤味のある花びらで、リップが赤紫色をしているのですが、我が家の株は全体に薄いピンクです。
別種であるかも知れません。
花持ちは1ヶ月くらい楽しめます。

Phal. cornu-cervi (フャレノプシス属 コルヌケルビ)
2009年06月06日 009
自生地はタイ、ベトナム、マレ-シア、ボルネオ、スマトラ、フィリピン等の海抜200~1000mくらいに自生。
株はフリ-スパン、30センチくらいです。
花は春から秋まで同じ花茎からパラパラ咲き続けます。
大きさは2.5×3センチくらい。
花寿命は20日くらいでしょうか。

蘭ではない観葉植物
我が家に来て間が無く、名前がわかりません。
観葉-1
まだ、つぼみで花も見ていません。
たぶん花の終わった後は、この袋状の物体が実るのでしょうか?
観葉-2
でも、同じ枝先に「なたね」のさやのような種も確認できます。
どなたかご存知の方、名前を教えてください。

我が家では本日、青梅の収穫と梅酒の仕込み作業に入りました。
上手く作れるよう願っています。
  1. 2009/06/05(金) 23:00:56|
  2. デンドロビューム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

あもうパパ

Author:あもうパパ
2008年6月定年退職しまして、セカンドライフが始まりました。
50歳くらいからバラエティ-にとんだ洋蘭をはじめました。
毎日娘のゴールデンレトリバー2頭と性格正反対の妻とワイワイガヤガヤしつつ楽しく過ごしています。最近じーじになり孫のガン見に照れ、癒されています。
ブログ初心者ですのでお手柔らかに。
08.09.23 生活をともにした天羽、13歳3ヶ月逝く
09.05.12家族が増える。
09.03.01生まれの、 ゴールデンレトリバー『ひなた』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。