癒しのオーキッドハウス

定年退職し、時間がある程度許されるので いい花も咲かせるのでは? そして皆様に紹介していけたらと思っています。中には数時間しか咲かない花もあります。ぜひ見ていただきたいです。 目標は週に1回以上の更新です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『立秋を過ぎて PAT-Ⅱ』

『立秋を過ぎて PAT-Ⅱ』


朝晩やっと涼しくなってきました。
時折、寒く感じる日も有ります。
秋の味覚がボチボチ出てきました。
近所ではイチジクが熟れています。

ハウスでは今、こんな花が咲いています。

Phal.violacea
(ファレノプシス属 ビオラセア)
Phal.ビオラセア 
俗に胡蝶蘭の原種です。
自生地はマレ-半島、スマトラ、ボルネオなどの低地に着生しています。
葉は緑~黄緑色の艶のある大きな葉をつけます。
花色は固体や自生地により変化があります。
大きさは5×6センチ。
良い香りがします。


同じ属で、violacea coerulea (ビオラセア セルレア)
Phal.ビオラセア セルレア
マレ-シアタイプのセルレアの実生です。
花の大きさは上記より一回り小さく、4×3センチ。
薄紫からブル-の中間色が何ともいえない色です。


Phal.fasciat
(ファレノプシス属 ファシア-タ)
Phal.ファシア-タ
フィリピンの低地に着生しております。
花の大きさは4×4センチ程度。
香りは無いようです。

ファレノプシス属は空中湿度を高くし、適度な風を好みます。


Robiquetia cerina
(ロビ-ゲッチィア セリナ)
ロビ-ゲッチア.セリナ
ロビ*-ゲッチア.セリナ-2

俗にパイナップルオ-キッドと呼ばれています。
自生地はフィリピンの低地に着生。
株高は50センチ程度までになるそうです。
一個の花の大きさは0.5~1センチくらいの花の集合体です。
色は赤紫から小豆色で蘭とは思えないような花形です。
栽培はしやすく、湿度と風を好みます。


朝夕は涼しくとも、日中はまだ真夏。
栽培管理が非常に厄介です。
調度、デンドロの芽吹きの時季で、極端な管理変更も出来ません。
今年は例年になく秋が早いのでしょうか
スポンサーサイト
  1. 2009/08/28(金) 23:20:31|
  2. デンドロビューム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Den. sanguinolentum 色々

Den.sanguinolentum 色々、他

Den.sanguinolentum SECTION Pedilonum
(デンドロビュ-ム属 サンギノレンタム ペディロナム亜属)
Den.サンギノテンタム-1
Den.サンギノレンタム-2
自生地はマレ-シア、タイ、スマトラ、ボルネオの海抜700~900m近辺。
草丈50センチ~1mくらい。
この花は普通のスタンダ-ドなタイプです。
花の大きさは3×3センチ。
花持ちは個体差があるようでこの株は比較的長く、2週間くらいです。


この株はイエロ-タイプ
Den.サンギノレンタム-3
花の大きさは4×4センチ
ちなみにタイ産です。
花寿命は短く、4日ほど。


この株は花先に紫のぼかしが入ります。
Den.サンギノレンタム-4
花の大きさは4×4センチ
これもタイ産です。
花寿命は短く、2日ほど。


この株も花先に紫のぼかしが入ります。
Den.サンギノレンタム-5
花の大きさは4×4センチ
産地はマレ-半島産
これも花寿命は短いです。
この株はネット付けで管理しています。
結構花付きが良い様に感じます。

Den.profusum SECTION ?
(デンドロビュ-ム属 プロフォ-サム 亜属不詳)
Den.プロフォオサム
8月9日付けのブログに赤のスプラッシュ タイプの花を載せました。
今回、同じ種のグリ-ン花です。
ちなみにビザヤス産。
5房ほど花を付けました。
花寿命は2週間程度です。
この株もやっと、本調子になってきました。


Den.crepidiferum SECTION Calyptrochilus 
(デンドロビュ-ム属 クレビデフィラム  カリプトロキラス亜属)
Den.クレビデフィラム-1
自生地はインドネシア、スラウエシ島
株高は約1m。
3×4センチのきれいな赤紫の花です。
この種も湿度と水の好きな蘭です。


上記と同じ種の別の株です。
Den.クレビデフィラム-2
花が少し小さい株です。
これもスラウエシ島産です。


Den.laevifolium  SECTION Oxyglossum
(デンドロビュ-ム属 ラエビホリュ-ム  オキシグロッサム亜属)
Den.ラエビフォリュウム
クスパ-トソニア亜属とする場合もあるようです。
パプアニュ-ギニア、サンタクル-ズ、ソロモン諸島
株は非常に小さく、草丈10センチ弱です。
その割には花は大きく、2×3センチ。
我が家では遮光をきつめにしている為か、花数が少ないです。


立秋が過ぎ、毎日曇り/雨ばかり。
我が家ではたちまち梅の土用干しが未だ終わっていません。
完全に異常気象です。
これも人為的な原因が主だと思います。
ワンコの散歩も涼しくていいけど農家にとっては不作が心配ですね。



なお我が家のワンコのブログは『http://amou.a-thera.jp/』または
左側のリンク内の『天羽と小春』をクリックして、ご覧ください。
  1. 2009/08/15(土) 21:56:30|
  2. デンドロビューム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

立秋をすぎて

夏のデンドロビュ-ムあれこれ

四国は最高の暑さ
南海上にできた熱帯低気圧のせいでしょうか。

我が家のハウスではぼちぼち暑さの影響が出始めております。
何とかこの夏を乗り切らねば。
でも、元気な株は次々、花を咲かせております。

Den. henryi  SECTION Holochrysa
(デンドロビュ-ム属 ヘンリ-  ホルコキラス亜属)
Den.ヘンリ--1
ベトナム、タイ、中国で海抜600~1500m付近に着生しています。
背丈は30センチ前後、葉は笹葉です。
葉の落ちたバルブに花が着きました。
非常にきれいな黄色でリップガ丸みを帯びております。
Den.ヘンリ--2
花期も結構長く、20日くらい咲いています。
我が家ではバルブの赤紫の株もあります。
未だ花を見てい無いので楽しみです。


Den.profusum(Visayas)  SECTION?
(デンドロビュ-ム属  プロフォ-サム  亜属不詳)
自生地はフィリピンの着生蘭。
ちなみに、この株はビザヤス地方。クライム/O様からお嫁にきたもの。
Den.プロフォウサム  
株高は1mくらいで幅広の笹葉、薄く意外と大きい。
花は通常、薄緑の花だそうですが、ご覧のように赤紫のスプラッシュが入ります。
花の大きさは3×3センチくらい。
バルブの上部よりステムが下がり10輪あまり着けます。
葉の付いたバルブからも咲きます。
ここ近年、やっと勢いついてきました。
意外と遮光を強くしたほうが良い様で、水も多めで管理しています。


Den.tannii SECTION?
(デンドロビュ-ム属 タニ-  亜属不詳)
昨年も10月5日に掲載いたしました。
今年も咲きかけました。
Den.タニ--1
最初は淡いピンク。
日が経つにつれて色が濃くなります。
花持ちが良く、1ヶ月以上楽しめるのが良いです。
ブラクティオサムと性質がよく似ており、多少多めの灌水でよく出来ます。


Den.faciferum  SECTION Rhopalanthe
(デンドロビュ-ム属 ファシフェラム ロパランテ亜属)
株の自生地等については09.07.21のブログを参考にしてください。
その時の株とは別の種です。
Den.フャシフェラム

こちらのほうが少しは色が濃いかと載せてみました。
この種、数年前はいい値段をしていました。


この八月二十三日は我が四国蘭協会の株市が行われます。
遠方からはハナジマさん、北軽の榊原さん、大和農園様、福山園芸様、フジナ-セリ-様などなど。
春の蘭展以来の再会です。
またまた新しい情報が入手できるかも。
  1. 2009/08/09(日) 07:59:47|
  2. デンドロビューム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

異常気象

梅雨明け宣言されたにもかかわらず毎日蒸し暑い梅雨空。
まもなく立秋なのに。
今年は夏が来ないのか。

でも、我が家のハウスでは夏らしい花が咲いています。

Lophiaris lanceana SECTION Plurituberculata
(ロヒィアリス属  ランセアナ  プルリトウバ-クラ-タ亜属)
ロフィアリス ランセ
この記事を書くまで、この種はてっきりオンシジュ-ムの属と思っておりました。
種もlanceanum から lanceana に変わったのか?。
よくわかりません。
自生地はエクアドル、コロンビア、ベネズエラ、トリニダードトバコの低地の着生。
株高は20センチ程度です。
葉は厚みがあり多肉で濃淡の模様がついています。。
4センチ程度の大きさの花を数個付けています。
赤紫のコントラストの強い夏らしい花です。


蘭では有りませんが沖縄を代表する花、「オオゴチョウ」
今年も咲きました。
沖縄の三名花(デイゴ、サンダンカ、オオゴチョウ)
学名はCaesalpinia pulcherrima マメ科ジャケツイバラ属
(カエサルピニア属 プルケリマ)
オオゴチョウ
通常常緑の低木ですが四国では晩秋から葉を落としてしまいます。
夏の青空に似合う花です。
一輪の花の大きさは3センチくらい。
花は5日程度で終わりますが下から次々に咲いていくので、1ヶ月くらい楽しめます。
花が終わると大豆のようなさやに、4~5個の豆が取れます。


この時季、中温性の株のリ-ドが伸びる時季ですが、こう毎日不順な天気では、
せっかくの新芽も腐り、がっかりです。
灌水の時期を調整したり、風通しをよくしたりと、試行錯誤しています。
  1. 2009/08/05(水) 23:14:40|
  2. その他の花・植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

あもうパパ

Author:あもうパパ
2008年6月定年退職しまして、セカンドライフが始まりました。
50歳くらいからバラエティ-にとんだ洋蘭をはじめました。
毎日娘のゴールデンレトリバー2頭と性格正反対の妻とワイワイガヤガヤしつつ楽しく過ごしています。最近じーじになり孫のガン見に照れ、癒されています。
ブログ初心者ですのでお手柔らかに。
08.09.23 生活をともにした天羽、13歳3ヶ月逝く
09.05.12家族が増える。
09.03.01生まれの、 ゴールデンレトリバー『ひなた』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。