癒しのオーキッドハウス

定年退職し、時間がある程度許されるので いい花も咲かせるのでは? そして皆様に紹介していけたらと思っています。中には数時間しか咲かない花もあります。ぜひ見ていただきたいです。 目標は週に1回以上の更新です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久々の小春日和

久々の小春日和

懐の寒い私も、今日のような日は
心も和みます。

この季節、ボチボチ冬の蘭展に向けて
花が上がってくる時季です。
たのしみですね。

我が家では今、こんな花が咲いています。

Den.sulawesiense  SECTION Calyptrochilus
(デンドロビュ-ム属 スラウエッセンス  カリプトロキラス亜属) 
Den.スラウェシェンス-1
他の資料ではPedilonum亜属に入れている場合もあります。
スラウエシ島で発見されたので、この名前がついたのでしょうか。
別名、グロメラタムとも言っているようです。
通常、夏に咲くのが普通なのですが、
この株はいつもこの時期に咲きます。
株高は40センチくらい。
Den.スラウエシェンス-2
花の大きさは5×5センチ
花持ちが良く、1ヶ月くらいは十分楽しめます。


Den.dichaeoides ‘Milky Way’ SECTION Pedilonum
(デンドロビュ-ム属 デカオイデス バライティ-名:ミルキィ-ウイェ- ペディロナム亜属)
Den.ヂカオイデス
パプア・ニューギニアの北部地区の1500~2500mに自生
株は通常、10センチ前後ですが、
この株はヘゴ付けで20センチくらい垂れております。
クライム/Oより2年前にお嫁に来て初めて咲きました。
花の大きさは0.5×1センチ程度の小さな花、
全開はしません。
通常のデカオイデスより株全体、
バルブも緑色です。
この種をSPとする人もいるようです。
花持ちは通常の株で10日程度、
この株はどんなんでしょうか。


Den.linearifolium  SECTION Crumenata
(デンドロビュ-ム属 リネアリホリュ-ム クルメナタ亜属)
Den.リネアリホリュ-ム
自生地はスマトラ、ジャワ、バリ島の
海抜700から1800m。
株姿は根元部分のバルブは太く。
その上部は極端に細い。
葉の数ミリの巾で、長さも数センチです。
Den.リネアリホリュ-ム-2
日光を好み、花の大きさは1×1センチ。
花弁内側に紫の線が入ります。
リップは薄緑色のぼかし。
花持ちは比較的短いです。


その他カトレアなど
BLC×LC

本日は昨日とは打って変って、
早朝より晴天、
気持ちのいい一日でした。
でも、することがいっぱい。
ハウスの最後の半分の天張り。
我が家のワンコの「日向」が
ボチボチ生理のため、
我が「天羽ドッグ蘭園」の擁壁作り、
株に、久々の灌水

すべて中途半分に終わりました。
スポンサーサイト
  1. 2009/11/23(月) 21:37:49|
  2. デンドロビューム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

木枯らしの季節

木枯らし2号

朝からすごい風です。
空は真っ黒い雲が流れ、
冬、到来と思わせる季節になりました。


今、ハウスではこんな花が咲いています。
Den.stratiotes  SECTION Spatulata
(デンドロビュ-ム属 ストラティオテス  スパチュラ-タ亜属)
den.ストラチオテス
ニュ-ギニア西部と、スラウエシ島の低地に自生、
ちなみにこの株はマルク島産です。
株立ちは1mを越す高さ。
葉も大きく、卵形の革質です。
花はバルブの上部から花茎を20センチくらい伸ばし、
十数輪着けます。
花の大きさは6×9センチ
リップの青の模様がきれいです。
通常、春に開花すると聞いておりましたが、
この時季に咲きました。


Den.smilliae giganteum  SECTION Pedilonum
(デンドロビュ-ム属 スミリエ ギガンチュ-ム  ペディロナム亜属)
Den.スミリエ-1
オ-ストラリアのクイ-ズランド州、パプア、ニュ-ギニアの
海抜600mの低地に自生しています。
この株、やっと咲きました。
背丈、2mくらい、
置く場所が限られ、どうも日光不足のようでした。
通常、バルブは親指大以上の太さになるんですが、
だんだん作落ちで毎年細くなるばかり。
花の大きさは1.5×1.5センチ
何輪かの房状で、楼質。
下の方から咲き出します。
Den.スミリエ-2
房の大きさは10×15センチ、
全開すれば見事です。


Cirrhopetalum mastersianum
(シルホペタラム属 マスタシアナム)
マスタシアナム-1
モルッカ諸島、ボルネオ島の海抜600m近辺に自生。
ちなみにこの株は昨年、インドネシアから輸入したもの。
バルブは鶉の卵くらい、
葉は濃い緑で、細長く、先が丸く角が取れています。
花茎はバルブの下から20センチくらいアーチ状に伸びます。
花はダ-クイエロ-の円盤型。
マウタシアナム-2
花の大きさは1.5×3センチ、
通常、長さは5センチくらいになるんですが、
未だ株が充実していないからでしょうか。


花形がよく似た同じ、シルホペタラム属の
Cirrhopetalum thouarsii
(シルホペタラム属 ソ-ウアルシ-)
シルホ.ソウアルシ-
株立ちは上記のmastersianumと、
よく似ていますが、葉っぱが少し巾広です。
この花もシルホ特有の円盤型です。
花茎はバルブの下から25センチくらいアーチ状に伸びます。
この先に1×2.5センチの花が付き、
円盤型の集合体です。
円の大きさは8cm、
ダ-クレッドの渋い花です。
何年も植え替えをしていなく、
大株になってしまいました。


急に冷え込み、
ハウスでは10日ほど前からA・Cを駆動しています。
中にはデンドロ系、ノビル系の種もあり、
多少寒さに当てなければならなく、
加減が難しいです。
本日は早々に、天張りの準備にかかりました。
(ハウス内の天井部の内張り:保温を効率よく、温度を逃がさない工夫)
  1. 2009/11/15(日) 21:16:11|
  2. デンドロビューム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夏の暑さ

小春日和を越して夏の暑さ

この季節、変な天気です。

それでもこの時季に咲く花が咲いています。
Den.gonzalesii  SECTION Calcarifera
(デンドロビュ-ム属 ゴンザレイシ-  カルカリフェラ亜属)
Den.ゴンザレイシ
フィリピンの海抜900m近辺に自生しています。
株は20センチ程度の株高。
花はバルブの頂点に咲きます。
青紫の花でリップは紫の筋が入ります。
花の大きさは、4.5×4センチ、
ここ数日、夏のような暑さの中で、
この花を見ると涼しく、気がまぎれます。


Den.psuedoglomeratum    SECTION Pedilonum
(デンドロビュ-ム属 プシュ-ドグロメラタム  ペディロナム亜属)
Den.プシュ-ドグロメラタム
パプアとニュ-ギニアの海抜2000m近辺に自生するデンドロビュ-ムです。
草丈は50センチ程度、
バルブは鉛筆の太さくらいです。
花の形はラウエシ-タイプで、
花の大きさは2.5×2センチです。
何輪かの集合体で一際目立っています。
この株は我が家に来て初めての開花です。


Phal.lueddemanniana ‘hieroglyphica’
(ファレノプシス属 ルデマニア-ナ バライティ-:ヒエログリヒィカ)
Phal.ヒエログリフィカ
フィリピンのポリヨと、パラワン島の海抜500m付近に自生
一般の原種株の中では、ギガンティアに次ぐ大きさで
フリ-スパンが40センチくらいあります。
花弁は白地にピンクの幾何学模様が入ります。
Phal.ヒエログリフィカ-2

この花、長く楽しめるのがいいです。


暑いけど、寒さを前に冬の準備をしています。
今日でハウスの側面の内張り作業を終えました。
もうしばらくして、天張りの作業にかかります。
  1. 2009/11/08(日) 21:04:22|
  2. デンドロビューム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

秋、深まる

深まる秋、四国路も紅葉の季節
ここ数日、四国はいい天気が続きました。
本日は久々の雨です。

この1週間、庭木の剪定講習に参加しました。、
「剪定と農薬散布について」
実技講習は、松の剪定ばっかし。
1週間後、何とかマスタ-
剪定講習風景
剪定講習

今、温室ではこんな花が咲いています。
Den.olivaceum  SECTION Distichophyllum
(デンドロビュ-ム属 オリバセイム  デスティコフィラム亜属)
Den.オリバセイム
今年、2度目の開花です。
ボルネオの比較的低地、
海抜1000m近辺に自生
1m以上の比較的大型の株立ちです。
バルブと葉全体に、黒毛が生えています。
花は上下、逆さに咲き、
花の大きさは5×5センチ、
多肉質の花です。
一見、蝋細工のようにも見えます。
開花時は全体的にグリ-ン色、
10日くらい経つと茶色になってきます。
花持ちは20日以上咲いています。
この株は我が家に来て、数年立ちますが、
一向に新芽が出なく、心配です。
今年春に植え替えをしてみましたが、来年に期待をかけています。


Den.rigidum  SECTION Dockrillia
(デンドロビュ-ム属 リギダム  ドックリリア亜属)
Den.リギダム
自生地はパプア・ニュ-ギニア、オ-ストラリアの1000m前後に自生
株は小形です。葉は多肉の豆のさやのようにも見えます。
花は1~1.5cm
白地に茶の筋が入ります。
我が家ではヘゴ付けで管理しています。
乾燥に強く、4~5日に1回くらいの控え目な灌水です。


今年も咲きました。
V.jannae (バンダ属 ジャナエ)
V.ジャナエ
インドネシア、スラウェシ島のみに自生。
少し、すす病が出て株が汚れてしまいましたが
昨年よりは株が充実したのか
5輪ほど開花しました。
花の大きさは5×5センチ


明日から前線通過で冬型寒波がやってくるそうです。
ハウスの中も未だ、内張りの作業途中。
日曜日ごとしか、作業できないので捗りません。
本日は続きの内張り作業と、夏の間使用していた遮光ネットの撤去作業です。
  1. 2009/11/01(日) 22:06:02|
  2. デンドロビューム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

あもうパパ

Author:あもうパパ
2008年6月定年退職しまして、セカンドライフが始まりました。
50歳くらいからバラエティ-にとんだ洋蘭をはじめました。
毎日娘のゴールデンレトリバー2頭と性格正反対の妻とワイワイガヤガヤしつつ楽しく過ごしています。最近じーじになり孫のガン見に照れ、癒されています。
ブログ初心者ですのでお手柔らかに。
08.09.23 生活をともにした天羽、13歳3ヶ月逝く
09.05.12家族が増える。
09.03.01生まれの、 ゴールデンレトリバー『ひなた』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。