癒しのオーキッドハウス

定年退職し、時間がある程度許されるので いい花も咲かせるのでは? そして皆様に紹介していけたらと思っています。中には数時間しか咲かない花もあります。ぜひ見ていただきたいです。 目標は週に1回以上の更新です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

春雷

花冷えの季節

今年は特に雨が多いように思えました。
香川の水瓶、早明浦ダムも満水のようです。
今、記事を書いている最中、春雷が響いております。
寒気と暖気がケンカをしているのでしょうか
これが鳴ると一段と春めいてきます。


今年も咲き始めました。
Den.amethystoglossum  SECTION Calcarifera
(デンドロビュ-ム属 アメジストグロッサム  カルカリフェラ亜属)
Den.アメジストグロッサム
フィリピン、ルソン島の海抜1400m付近の石灰岩の岸壁に着生しているそうです。
背たけ、40センチ程度のバルブの途中から花茎が下がり房状に咲きます。
一房に3.5×2cmの花が20輪ほど付きます。
今年は株の出来も上々で5ステム、
あと2~3日で満開になるでしょう。
花もちも良く、ハウスの中も春らしくなってまいります。


Den.hymenophyllum  SECTION Calcarifera 
(デンドロビュ-ム属 ハイメノフィラム  カルカリフェラ亜属)
Den.ハイメノヒィラム  
スマトラ、ジャワの海抜600~1300m付近の湿度の高い日陰で自生しているようです。
我が家でも他の葉に隠れて、ひっそりと咲いていました。
背丈、40センチ
垂直のバルブの上部近くからステムが下がり12~15輪ほど花を付けています。
花の大きさは1.5×1センチ、
グリ-ン花に赤茶のスポットが入りますが、平均地味な感じがいたします。


Dilochia. cantleyl
(ディロキヤ属  キャントレ-)
ディロキア-キャントレ-
この属は4種ほど有り、
自生地はマラヤ、ボルネオ、スマトラの海抜1600~2200m付近、
株としては非常に珍しいものと思います。
背丈、1.5m、
笹葉でバルブは細く、株姿はデンドロのような格好です
花の大きさは2.5×2cmの花が
葉の有るバルブの穂先に10輪余り着きます。
この株、数年前に入手し、今年やっと咲きました。
開花して4~5日になりますが、花持ちは短いようです。


Vandopsis.gigantea  
(バンドプシス属 ギガンッティア)
ハウグロキラス、ギガンティア

ハイグロキラス.ギガンティア

自生地は中国中央部から南部地区、バングラディッシュ~ベトナムで、
広い地域の海抜300~1100m付近の岸壁、あるいは樹木に着生しています。
我が家の株で背丈60センチ、フリ-スパン1m近く有ります。
葉は多肉質の分厚い皮質、非常にダイナミックな株です。
花の大きさは7×5センチの比較的大きな花です。
花弁に赤茶のスポットが要所要所に入ります。
今年は10輪も付き、上出来です。


今年もオカヤマド-ムで『おかやま蘭の祭典&バラ・ガ-デニングフェア2010』 が
始まります。
4月2日(金)~6日(火)までです。
時間は9:30~17:00
四国蘭協会・香川洋蘭趣味の会、有志の展示株を出展いたします。
地元岡山県内、山口、ほか中国地方、姫路、遠くは浜松、信濃からも出展されるそうです。
気になるのは少し、蘭屋さんの出店が少ない事、
でも皆さん、春のお祭りです。
是非見に行ってください。
スポンサーサイト
  1. 2010/03/30(火) 21:27:32|
  2. デンドロビューム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

春分祭近し

一雨ごとに暖かく感じる

四国、高知は桜前線が上陸し
こちら、香川でも生暖かい、春の風を実感するようになって来ました。

昨日、三越高松の蘭展が終わり
カラカラの株が帰ってきました。
エアコンの部屋で一週間も展示しているのですから当然です。
中には花がドライフラワ-の様に、紙のようになっているのも有りました。
今からしばらくは養生しなければいけません。

しばらくはランの植え替え、仕立て直しなどに
没頭しようと思っています。


今、我が家で見頃の花は
Den.scabriingue  SECTION Formosae
(デンドロビュ-ム属 スカブリリンゲ  フォーモッサ亜属)
Den.スカプリリンゲ
自生地はラオス、タイの海抜600~1000m位に着生、
背丈は20~30センチ
葉の付いたバルブの節に花が一輪づつ咲かせます。
古いバルブには花は着きません。
結構匂いがきつく、いい香りがしています。
花の大きさは3.5×3cm
この種、個体差がありリップ
リップの色が黄色が濃いもの
花の大きさが大きいもの等
我が家にも他に、数株あり楽しみにしています。


Den.ellipsophyllum sibling  SECTION DistichophyllaeInflorescence
(デンドロビュ-ム属 エリプソフィラム シブリングクロス株 デスチコフィラエインフロ-レッセンス)  
Den.エリプソフィラム

タイ、ミャンマ-、~中国雲南省の海抜300~1000m付近に着生し
草丈30センチ前後で垂直に伸び、
花は個体差があります。
この花は河童のような、ひょうきんな格好をしています。
花の季節は、この時期と夏にも咲くようです。
花の大きさは3.5×1.5センチ
花もちはいいほうでしょう。


Den.virgineum  SECTION Formosae
デンドロビュ-ム属 バ-ギニュ-ム  フォーモッサ亜属)
Den.バギナタム
ミャンマ-~ベトナムまでの海抜1600m付近に着生し、
草丈40センチ程度。
花の大きさは6×5.5センチ
楼質の厚みの有る花を咲かせます。
この株、随分前から探していましたが
やっと昨年の、東京ド-ム出展の
蘭屋様で見つけました。
リップの模様は個体差があるようです。
フォーモッサ亜属なので花持ちも長く楽しめそうです。


Den.tortile  SECTION Dendrobium
(デンドロビュ-ム属ト-ティル  デンドロビュ-ム亜属)
Den.ト-ティル
Den.ト-ティル-2

インド、アッサム~バングラデッシュ、アンダマン諸島~マレ-シアまで広い地域の
海抜1200m付近に着生
株高は20~30センチ
この花は厚みが薄いのですが
花持ちは意外と良いようです。


この花、いつ咲くのかと思っておりました。
実物を見るのは初めて。
Den.christyanum   SECTION Formosae
(デンドロビュ-ム属 クリスティ-アナム フォ-モッサ亜属)
Den.クリステンアナム
Den.クリステンアナム-1

ベトナム北部、タイ北部、中国南西部の
海抜600~1600m周辺に着生しているそうです。
株高は30センチくらい。
昨年ぐらいから株、バルブとも充実してきました。
花は6.3×7センチ、
花弁の白にかすかに入る脈模様
自然の芸術です。
管理は夏、極力涼しくし、冬は灌水を少し控え
無肥料に徹することでしょうか。


日増しに暖かさを感じるようになってきました。
日中、太陽が出ると
ハウス内は結構温度が上がります。
来週くらいには内張りの一部をとろうかと
考えており、ます。
  1. 2010/03/17(水) 22:51:45|
  2. デンドロビューム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の三越蘭展始まる

今年もやってきました

三越『春の洋蘭展』です

今年で58回目を迎えました
会場

三越高松店 5階催し物会場です。

期間は3月9日(火)~14日(日)まで

皆さんの力作を見に行ってください。

中には非常に珍しい、小形原種なども展示してあります。


シンビジュ-ム・カトレヤ類の展示
シンビ・カトレヤ類

パフィオ・外の展示
パフィオ類

また奥のコ-ナでは、株の即売も行っております。

今からは管理もしやすい時季に入ります。

チャレンジしてはいかかでしょうか。

会場には栽培のプロの方も詰めております。

色々、相談に乗って頂けると思います。



  1. 2010/03/10(水) 19:03:09|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菜種梅雨の季節

庭先のサンシュユがほころび
一雨ごとに春が近いと実感できる日々
野の草も一段と、緑が濃くなってまいりました。


この時季、見頃の花は
一輪だけですがやっとまともな花が咲きました。
Den.trigonopus  SECTION Formosae
(デンドロビュ-ム属 トリゴノプス  フォ-モッサ亜属)
Den.トリゴノプス
自生地はミャンマ-、タイ、ラオス、中国西南部の低地~1500m付近
背丈は10cm~15センチの子株です。
花は5×4センチ
蝋細工のような、厚みの有るティカ-ティカの花です。
色も春らしく香りもえんですよ
れんげの香りのようにも思えます。
当初フォ-モッサ亜属の為、これをミズゴケ植えにしていましたが
どうも調子が悪く、新しいリ-ドが出ても育ちません。
或る日、奥田園芸様がこれをコルク付けにしていたのを思い出し、
少しのミズゴケを抱かし真似をして植えつけました。
非常に良好です。
多少乾かし気味で新しい根が勢い良く出てきています。

Den.maraiparense   SECTION Distichophyllum
(デンドロビュ-ム属  マライパレンス   デステコフィラム亜属)
Den.マライパレンス
自生地はボルネオ島の北部、サバ、サラワクで
海抜1200~2000m付近に着生しているそうです。
ここは海抜は高くても、温度も高く非常に湿度の高い地区です。
株高は30センチ程度で細いバルブ、葉は細い笹葉、
バルブの節は狭く
1センチほどの花茎から1輪のみ花を付けます。
非常にマニアックな花です。
人の顔の様にも思えます。
この花も楼質の厚みのある花です。
大きさは2×2.5cm、もう少し大きければいいのですが
文献によると通常、夏に咲くようですが・・・
狂い咲きでしょうか。

Den.rhodostictum  SECTION Latouria
(デンドロビュ-ム属  ロ-ドステクタム  ラト-リア亜属)
Den.ロ-ドステクタム-1

Den.ロ-ドステクタム-2

自生地はニュ-ギニアのブ-ゲンビル島
海抜800~1200m周辺の木や岩盤に着生
株高は20~30センチ程度
バルブの先端に革質の2枚葉
ステムはその間から垂直に10センチほど伸び
花が4~5輪付きました。
この固体は紫が薄いですが濃いのはもっと綺麗です
ラト-リア亜属系は花持ちが良く、長く楽しめます


この時季より植え替えをボチボチしなければなりません。
鉢から飛び出した株
ミズゴケが腐っている株
鉢いっぱいになって鉢増しの必要なもの等
今から忙しくなりそうです。
  1. 2010/03/01(月) 19:25:39|
  2. デンドロビューム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

あもうパパ

Author:あもうパパ
2008年6月定年退職しまして、セカンドライフが始まりました。
50歳くらいからバラエティ-にとんだ洋蘭をはじめました。
毎日娘のゴールデンレトリバー2頭と性格正反対の妻とワイワイガヤガヤしつつ楽しく過ごしています。最近じーじになり孫のガン見に照れ、癒されています。
ブログ初心者ですのでお手柔らかに。
08.09.23 生活をともにした天羽、13歳3ヶ月逝く
09.05.12家族が増える。
09.03.01生まれの、 ゴールデンレトリバー『ひなた』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。