癒しのオーキッドハウス

定年退職し、時間がある程度許されるので いい花も咲かせるのでは? そして皆様に紹介していけたらと思っています。中には数時間しか咲かない花もあります。ぜひ見ていただきたいです。 目標は週に1回以上の更新です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

霜注意報が出る

この三日、放射冷却で朝晩冷えました
霜注意報も出ています。
野菜の高騰で消費者の方は大変です。
近所のキャベツ畑では取り入れにおおわらわ。
ここ暫くは、気温が安定しないのでしょうか


今、開花中の花は
Den.gratiosissimum   SECTION Dendrobium
(デンドロビュ-ム属 グラテイオシッシマム  デンドロビュ-ム亜属)
Den.グラティオシッシマム
自生地は中国海南、アッサム、ラオス、タイ、ベトナム、ビルマなど
海抜700~1600m付近の落葉樹林に着生しているそうです。
ちなみにこの株はタイ産ですがバルブの長さは約1m、
花は昨年の葉の落ちたバルブに一節3輪づつ付けます。
花の大きさは6×4.5センチ
行儀良く並んで咲くので非常に見てもきれいです。
花もちは1週間~10日くらいです


Den.capilipes 又は Den.sukhakulii  SECTION pedilonum
(デンドロビュ-ム属 カピリペス 又は サクハリ- ペディロナム亜属)
10.04.04 006
この株、数年前、納涼株市でDen.albosanguineumとして購入したもの、
開花したのはこの花でした。
色々調べ、入手先へも確認し、たぶんcapilipesだろうとの結論です。
と、したら非常にいい花だそうです。
たぶん間違いの原因はバルブでしょう
albosanguineumとcapilipes、非常によく似ています。
自生地はインド~ベトナムまでの海抜800~1300mに着生
花の大きさは3.5×4センチくらい
花もちは10日くらいです。


Den.anosmum  SECTION Dendrobium
(デンドロビュ-ム属 アノスマム  デンドロビュ-ム亜属)
Den.アノスマム
ラオス、ベトナム、マレ-シア、~ニュ-ギニアの広い地域、
低地より海抜1300mに着生しています。
バルブは長く50センチから1m以上垂れるのもあります。
前年度の延びたバルブの葉が落ちた、各節に花芽が付きます。
非常に香りが強く、ハウスに入るとプンプン匂います。
花の大きさは10cm弱、デンドロの類では大きい花です。
花もちは10日以上楽しめます。
管理は10月くらいから徐々に水を少なくし
年明け後、新しいリ-ドが確認できるまで水を控えます。
理屈は分ってもなかなか上手くいかないものです。
この種は自生地が広く、変り花も結構あるようです。

以下、近々に咲いたものです。


Den.anosmum album ‘Kurashiki white’
(デンドロビュ-ム属 アノスマム アルバム バライティ-名:クラシキホワイト) 
Den.アノスマム クラシキ ホワイト-2
通常のanosmum album は、クリ-ムがかっていますが
これは真っ白な花、
大きい花です。
未だ株ができていませんが、11×8cmありました。


Den.anosmum fma suavissimum 'T.Aita’
(デンドロビュ-ム属 アノスマム スワビッシマム バライティ-名:ティ- アイタ)
Den.アノスマム Tアイタ
花の大きさは9.5×7.5cm
柔らかなピンク色をしています。

Den.auriculatam  SECTION Dolichocentrum
(デンドロビュ-ム属 オーリキュラタム  ドリコセントラム亜属)
Den.オ-リキュラタム

花の大きさは7×6cm、
リップの元がグリ-ン色、
パビリオと良く間違われたそうです。
花弁に少し茶のラインが入ります。
管理はパビリオと似て、水はけ良く、乾燥気味に、
風通しの良いところを好みます。


私事ですが、家内が心臓病で今日退院。
お見舞いいただいた方々、ありがとうございました。
私の第二の独身生活も終了です。
昨日は双子の孫のお宮参り。
本日は親類のお悔やみ。

ワンコはストレスで物を壊すばかり
ハウスは全然はかどらずです。
スポンサーサイト
  1. 2010/04/26(月) 07:59:29|
  2. デンドロビューム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

冬に後戻り

本日、4月15日
花冷えよりもっと寒く
スト-ブをガンガン焚いています。


やっと一輪咲きました。
Den.chrysocrepis ‘Full Moon’(OG)
(デンドロビュ-ム属 クリソクレビス バライティ名:フルム-ン 亜属不詳)
Den.クリソクレビス
ミャンマ-、タイの海抜1400m付近に着生しているそうです。
日本では比較的涼しく栽培するのが良いようです。
株高は40センチくらいです。
バルブが楕円型で葉の付いた中間くらいの節に咲きました。
花の大きさは3.7×2.3センチ
通常、花弁が後ろに反るんですがこの花、均整の取れた綺麗な花です。
3年前10センチくらいの子株を入手して初めて咲きました。
この種は高芽が出やすく、極力秋口から水切り、これが良かったのでしょうか?


Den.rarum  SECTION Pedilonum
(デンドロビュ-ム属 ラルム  ペディロナム亜属)
Den.ラルム
バヌアツの海抜1300m雲霧林、他、北パプア・ニュ-ギニアに自生、
株高は1mくらい。
葉の落ちたバルブの中間以上の節にDen.smilliaeの様な咲き方で
30輪くらい房状に咲きます。
花の大きさは1×1センチの花が30輪くらい一房に付きます。
この株、ミズゴケ植えではなく、
昨年より小粒のバ-クで様子を見ています。
1年間だけの感触ですが
成長はいいのですが、花付きは今ひとつのような感じです。


Den.violaceum SECTION  Oxyglossum
(デンドロビュ-ム属 ビオラシュ-ム オキシグロッサム亜属)
通常の花
Den.ビオラシュ-ム-1
ニュ-ギニアの海抜750~2000mの岸壁、樹木に着生しているそうです。
バルブは通常10センチくらいですが小さいものは3センチ位のも
あります。
花も一回り小さいのが咲きました。
Den.ビオラシュ-ム小形
一回り小さいピンク系
Den.ビオラシュ-ム-3
通常のブル-系
Den.ビオラシュ-ム-4

自生地が海抜の高低でバルブ、花の大きさも変わるのでしょうか、
それとも別種なのか、よくわかりません。
通常の株で花は1.8×2.7センチ
小さい株の花で1.7×1.8センチ
花もちは非常に長く1ヶ月以上楽しめます。
花の濃淡も株により色々で楽しいんですよ。


我が家では今、植え替えの真っ最中、
これと併せ、植え替えしない鉢はチッソ分の多い液肥の5000倍を
10日に1回程度かけ始めました。
ヘゴ植え、また鉢の外に出ている根っこの先端を観察すると
緑色の光沢のある根に変ってきています。
見ている側にも力を与えてくれるみたいで
気持ちいいですね。
  1. 2010/04/19(月) 23:05:17|
  2. デンドロビューム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ブログ再開

パソコン復旧

暫くぶりです。
色々ありまして更新ができておりませんでした。
花の時季、我が家のハウスからお届けいたします。
いま、盛りの花は

Den.trantuanii  Section Breviflores
(デンドロビュ-ム属 トランツアニ-  ブレビフロ-レス亜属)
Den.トランツアニ--1
花冷えの桜も散り始め、春本番も近い
この時季になるとこの花が咲き出します。
自生地はベトナムの海抜800~1000m付近、
株高は30センチほど
バルブは扁平で幅広く、平べったい緑色をしている。
花は楼質で葉も多肉的な厚みがあります。
リップの赤と周辺の花弁の緑のコントラストが何とも言えません。
Den.トランツアニ--2
花の大きさは5×3.5センチ、1ヶ月近く楽しめます。
発見されたのが近々で
株が出回った当初は価格的に入手が大変でした。
この種は結構水が好きでカラカラにすると良くないようです。


Den.oreodoxa  SECTION Calyptrochilus
(デンドロビュ-ム属 オレオドクサ  カリプトロキラス亜属)
Den.オレオドクサ-
自生地はニュ-ギニアの海抜2000m近辺に着生
バルブは細く楊枝の太さくらい。
バルブの色も赤っぽい
背丈、30センチ程度
花は2×2.5cmくらい
花もちは10日余り
通常秋咲ですがこの時期に咲きました。
ク-ル系のデンドロですが
結構四国の暑さにも耐えて育っています。


Den.platygastrium  SECTION Platycaulon
(デンドロビュ-ム属 プラティガストリュ-ム  プラティカウロン亜属)
Den.プラティガストリュ-ム
自生地はフィリピン、ニュ-ギニア、ソロモン諸島の平地から
海抜1000mまでに着生しているようです。
背丈1m~1.5mの長いバルブで
サ-ベルのような扁平のバルブです。
余りにも長くて不安定なため、ヘゴに付けてぶら下げています。
この先端周辺に
一節に数本の花茎が垂れ、花がぶら下がります。
花の大きさは4.5×2cm
花弁の奥がピンクですがグリ-ン色の種もあるようです。
花持ちは10日くらいです。


V.tricolor
(バンダ属 トリカラ-)

自生地はインドネシア、ジャワ島、ラオスの700~1700m付近に着生しています。
単茎性の株で我が家の株で1mくらい
この種は鉢植えのほうがいいみたいです。
でも新しい根は全部外に出ています。
この位になると、根元からも子株が吹いてきます。
花は6.5×4センチ
咲き始めは丸く整っているんですが
V.トリカラ--1
2~3日経つと花弁が後ろに反り返ります。
V.トリカラ--2
花もちは良く、1ヶ月くらい楽しめます。
この種も個体差があり、変り花もいくつか知られております。


岡山、蘭の祭典も終り一息つきたいところですが
来月位に、旅行をしようと
せっせと資金稼ぎに、汗を流しております。
雨の日は、大事な株の植え替え
日曜日はワンコのしつけ教育に学校へ、
休む暇がないです。
  1. 2010/04/12(月) 19:07:02|
  2. デンドロビューム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

あもうパパ

Author:あもうパパ
2008年6月定年退職しまして、セカンドライフが始まりました。
50歳くらいからバラエティ-にとんだ洋蘭をはじめました。
毎日娘のゴールデンレトリバー2頭と性格正反対の妻とワイワイガヤガヤしつつ楽しく過ごしています。最近じーじになり孫のガン見に照れ、癒されています。
ブログ初心者ですのでお手柔らかに。
08.09.23 生活をともにした天羽、13歳3ヶ月逝く
09.05.12家族が増える。
09.03.01生まれの、 ゴールデンレトリバー『ひなた』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。