癒しのオーキッドハウス

定年退職し、時間がある程度許されるので いい花も咲かせるのでは? そして皆様に紹介していけたらと思っています。中には数時間しか咲かない花もあります。ぜひ見ていただきたいです。 目標は週に1回以上の更新です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

極暑

極暑の毎日
最高気温が次々に更新していきます。
暑い暑いと、言いながらも
先日、夕方暗くなり、虫の声を聞きまして
確実に秋が近づいているのかなあ、とも
思っております。


ここ暫く、家のゴタゴタで
ブログの更新もできませんでした。
やっと平常に戻りつつあり、ご心配をお掛けいたしました。

日中は摂氏40度近いハウスでも、咲く花はあります。
花は小さいけれど、素朴で味のある花
"Den.panduriferum   SECTION Calcarifera

"
(デンドロビュ-ム属 パンダリフェラム  カルカリフエラ亜属)
Den.パンダリフェラム-1
自生地はビルマ、 タイ、マレーシア、ボルネオの
海抜250~600m付近です。
背たけは50cm以上の木です。
バルブは真直ぐに直立し、
葉のあるバルブの
中間から上部の節より花茎が下がり
これに7輪から10輪花をつけます。
Den.パンダリフェラム-2
花の大きさは1.2×1.1㎝のグリ-ン花
日にちが経つと少し黄色身が強くなってきました。


Den.sanguinolentum ?  SECTION Calcarifera
(デンドロビュ-ム属 サンギノレンタム? カルカリフェラ亜属) 
Den.サンギノレンタム
自生地はマレーシア、タイ、スマトラ、ボルネオ の700~900m付近
株高は1m近く、成長しています。
今回は今までに無く、多く花を付けました。
花弁の縁から裏側にかけて赤味のある花です。
花色がどうもDendrobium lampongense にも
よく似ております。
それにしては、花の大きさが少し小さいようにも思えます。


Den.lamyaiae (lanyaiae)  SECTION ?
(デンドロビュ-ム属 ラミアイエ  亜属不詳)
Den.ラミアイエ
Den.ユニカムににた花で、小形の株です。
一般に流通している名前はDen.lanyaiae と、スペルが違います。
自生地はタイ、ラオスで涼しい環境を好むようです。
株高15㎝程度
濃いオレンジの目立つ花です。
花弁の幅3mm長さ4cm、
株の大きさに比べ、結構大きい花です。
花が少ない時期だけに存在感があります。
管理はク-ル系に近い栽培が無難と思いますが
我が家では風通しの良いところで良く育っています。


Dor.pulcherrima V.quinii 
(ドリチス属 プルケラム バ- クイニ-)
Dor.プルケリマ
ドリチス属は胡蝶蘭とよく似た性質を持っています。
自生地は中国ヒマラヤ~中国雲南、ボルネオ、スマトラの低地、
明るい半日陰で自生しているようです。
株はフリ-スパンが15~20センチくらい
分厚い葉で強健です。
真直ぐに伸びる花茎に10輪あまり花を付けます。
花の大きさは3.4×3.5㎝
花寿命も長く、切花でも楽しめます。
管理は湿度を高く保つのがコツかな。

同じドリチス属のプルケリマ
Dor.pulcherrima V.semi alba
Dor.プルケリマ セミアルバ
これはセミアルバの固体です。
花の大きさも上記とよく似て
3.8×3.6㎝
毎年よく咲いてくれます。


(Onc.)Lophiaris lanceana
(オンシジュ-ム属) ロピアリス属 ランセアナム
Onc.ランセアナム-1
オンシジュ-ム属とする書籍も有りますが
正規ではロピアリス属が正しいようです。
自生地はエクアドル、コロンビア、ベネズエラの
海抜500mまでの低地
株高は30㎝程度の小形
花は非常に派手な夏の色彩です。
この花をじっと見つめていると、また汗が流れそうです。
Onc.ランセアナム-2

花の大きさは4.2×4.1㎝
香水のようないいかおりがしています。


この暑さ
なんとかしたい物ですが、どうにもなりません
早く涼しくなって欲しいものです。
ク-ル系の株は葉焼けが顕著に出てきました。
ひどいのは再生不可能、枯れ死もあります。
夕方の灌水、葉水も追いつきません。
特に新芽が活動している株は、水がかからない様
気をつけましょう。

8月29日は所属している四国蘭協会の納涼株市が開かれます。
JOGAの審査もあります。
会員ほか、一般のお客様
遠方から蘭屋様も駆けつけていただきます。
参加ご希望の方は事務局(ヤシマオ-キッド)中山様方へお尋ねください。
連絡先 TEL:087-841-1354 FAX:087-844-3693
スポンサーサイト
  1. 2010/08/22(日) 10:29:32|
  2. デンドロビューム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夏ばて

ついに2度目の夏ばてです。
連日の暑さ、
人間はもとより
蘭も暑さにあえいでいる様子です。
先日、南側に寒冷紗を張り、少し改善しましたが
今度は西日が問題のようです。
明日、2枚がさねにする予定です。

今、ハウスでは
Den.pachyanthum  SECTION Grastidium
(デンドロビュ-ム属パシアンサム  グラスティジュ-ム亜属)
Den.パシアンサム
この種、随分前から探しておりました。
昨年、北陸の蘭屋様から連絡があり、今年春に来たものです。
20日ほど前から蕾が確認でき、ついに開花しました。
通常、冬から春の季節の開花か、思いましたが、季節はずれでしょうか。
ボルネオの海抜400~1200m付近
ちなみに、この株はボルネオのマレ-シア側、
株高は30㎝程度です。
バルブは湾曲して伸びています。
花はバルブの中間から上部にかけて3輪ほど付きました。
花は完全には開いていないのですが2cm以上はありそうで
思ったより大きいのでほっとしています。
圧肉の花弁に朱色のリップ、
ただ朱色がいまひとつ、
いかにも野生種らしい雰囲気です。

Den.phillipsii  SECTION Calcarifera
(デンドロビュ-ム属 ピィリプシ-  カルカリフェラ亜属)
Den.ピィリプシ-
自生地はフィリピンのミンダナオ島、海抜800m付近
株高は1m以上の大きさで垂直に伸びています。
我が家に来てから3年を過ぎ随分大きくなりました。
花は通常、冬に咲くのですが
夏も花数は少ないのですが、1~2輪付くことがあります。
白花でリップ付近は黄色身を帯びます。
花の大きさは3.5センチ。
他のデンドロには無い格好の花です。
花もちは1週間~10日くらい。
夏は平均、短めですね。
管理は半日陰の一般的な灌水ですが、
成長期は湿度を結構好むようです。


今年も咲きだしました。
Den.sanguinolentum   SECTION Calcarifera
(デンドロビュ-ム属 サンギノレンタム  カルカリフェラ亜属)
Den.サンギノレンタム-ノ-マル
自生地はマレ-シア、タイ、スマトラ、ボルネオ等の海抜800m付近
株高は大きいもので1.5m
小さいものでも40センチくらいあります。
この種、個体差も多く
一般的にはクリ-ム色でリップがオレンジの花

Den.サンギノレンタム-スプラッシュ
この株はマレ-半島で採取されたもの
ちなみにネット植えで、葉の落ちた古いバルブにも
毎年花が付きます。
ただ、同時に咲けばいいのですが


棚下でひそかに咲いています。
Phalaenopsis pulchra
(ファレノプシス属 プルケラ)
Phal.プルケラ
自生地はフィリピン、
別の文献によればスマトラ、インドネシアの西部と、なっています。
比較的小さな株でよく咲きます。
光沢のある花弁で花も4.5センチ
20日以上楽しめます。


夕立などの雨上がり
非常に紫外線もきつく
蘭たちにとっては葉やけ、異常温度になりがちです。
我が家もちらほらそんな株が出てきました。
早々に寒冷紗を追加張りしましたが----
早く秋が来て欲しいなあ。
  1. 2010/08/02(月) 09:21:47|
  2. デンドロビューム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

あもうパパ

Author:あもうパパ
2008年6月定年退職しまして、セカンドライフが始まりました。
50歳くらいからバラエティ-にとんだ洋蘭をはじめました。
毎日娘のゴールデンレトリバー2頭と性格正反対の妻とワイワイガヤガヤしつつ楽しく過ごしています。最近じーじになり孫のガン見に照れ、癒されています。
ブログ初心者ですのでお手柔らかに。
08.09.23 生活をともにした天羽、13歳3ヶ月逝く
09.05.12家族が増える。
09.03.01生まれの、 ゴールデンレトリバー『ひなた』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。