癒しのオーキッドハウス

定年退職し、時間がある程度許されるので いい花も咲かせるのでは? そして皆様に紹介していけたらと思っています。中には数時間しか咲かない花もあります。ぜひ見ていただきたいです。 目標は週に1回以上の更新です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

残暑まだまだ

残暑きびしい!

立秋を過ぎても相変わらず暑いです。
でも朝夕は少し、しのぎやすくなった様に思います。
一つ、気にかかる事は台風12号です。
最初来ないものと思っていましたが、今日コ-スを見ると
明後日くらいが危ういかも。


この暑さの中、『俺の世界』と言わんばかりに生きいきしています。
"Den.sutiknoi  SECTION Spatulata
(デンドロビュ-ム属 スティックノイ  スパチュラ-タ亜属)
Den.スチィックノイ-1
自生地はパプア・ニュ-ギニアですが、最近発見された種で詳細は明記されていないようです。
ただ、山取りは、ほぼ絶滅したのか、現在入手出来るものはセルフか、シュブリングのようです。
現地のラン屋様で探索しましたが、採取株は見当たりませんでした。
この株も、シィブリングです。
株立ちは、1m~3m以上になる大型種です。
この株も、温室に入らず、半分屋外に出ています。
今年に入って二度目の開花です。
ステムが4本、40cm程伸び、蕾のときは、ステムからぶら下がっていますが、
開花と同時に花が立ち上がります。
Den.スチィックノイ-2
花持ちも良く、しばらく咲いています。

この類のスパチュラ-タ亜属系の花です。
Den.spホワイト

バックバルブからの新芽が出る Den.violaceoflavens (デンドロビュ-ム属 ビオラセフラベンセ)
Den.ビオラセフラベェンセ

バックバルブからの新芽が出る Den.stratiotes(デンドロビュ-ム属 ストラティオテス)
Den.ストラティオテス

Den.pachyanthum  SECTION Grastidium
(デンドロビュ-ム属 パチィアンサム  グラスチィデュ-ム亜属)
Den.パチアンサム-1
この株、随分探しました。
青森のラン屋様が持っていらっしゃいました。
自生地はボルネオの海抜500~1000m付近に自生しているそうです。
比較的革質の葉で、葉と葉の間が詰まっています。
バルブが20cmほどの高さで湾曲に伸びます。
I/Nで調べますと、花の大きさは1cmほどの大きさですが
3cm×2.5cmくらいあります。
Den.パチィアンサム-2
昨年も開花しましたが朱色の発色が悪く、今年は、少しいい様にも思います。
置き場所が日の当たる西側なので、もう少し遮光をすれば良いかも解りません。
花持ちも良く、20日ほどは楽しめます。


明日は台風12号の接近で、外出しのスパチュラ-タ系他、の防災対策を
する予定にします。
この時期潅水は、日中まだまだ暑いので夕方、2~3日に一回です。
暑さのため、ハダニが蔓延しそうです。
我が家も再発の株があり、先日処置をいたしました。
スポンサーサイト
  1. 2011/08/31(水) 21:30:33|
  2. デンドロビューム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

暑中お見舞い

暑中お見舞い申し上げます。

お盆前までにやらなければならない仕事が
いっぱいで毎日、炎天下の中でがんばっています。


ハウス内は、暑さをものともせず、元気いっぱいのもの。
何とかがんばっているもの、などさまざまです。
この時期は特に、株の状態を読み取って
大なり小なり、対応しなければ良い花は咲かないですね。

Den.williamsianum SECTION Phalaenanthe
(デンドロビュ-ム属 ウィリアムシアナム  ファラエナンテ亜属)
Denウイリアムシアナム-
自生地はパプア・ニュ-ギニアの海抜300m付近だそうです。
株高は1m程度で、バルブは根元で小指くらいの太さ、
上部になるにつれ、細くなります。
非常に行儀良く立ち上がります。
花はバルブの上部から茎が30cmくらい長く伸び、
そこからアーチ状に5輪~10輪咲きます。
Denウイリアムシアナム-2
風に揺らぐ青紫の花の姿は暑さを和らいでくれます。
花持ちも良く、秋口まで楽しめます。
この種は冬、乾燥気味で太陽に良く当てます。
春から徐々に、潅水を増やし、50%遮光程度で管理しています。

我が家の株、心配なことに、新しいリ-ドが出ないんです。
花は毎年咲いてくれるんですが、葉も年数が経つにつれ
落葉しつつあります。
心配です。


Den.phillipsii   SECTION Calcarifera
(デンドロビュ-ム属 ピィリプシ-  カルカリフェラ亜属)
Den.フィリプシ--1
自生地はフィリピンのミンダナオ島、
海抜800m付近に自生しているようです。
バルブは1mほど伸び、葉は細い笹葉です。
今回開花したのは、花弁に少しピンクが乗り、非常に綺麗です。
花弁の後ろから距が少し伸びています。
Den.フィリプシ--2
ただ花持ちが悪く、特にこの時期咲くと3日程度しか持ちません


Den.sanguinolentum   SECTION Calcarifera
(デンドロビュ-ム属 サンギノレンタム  カルカリフェラ亜属)

我が家ではこの種、何株かありますが、
自生地はマレ-シアからタイ、スマトラ、ボルネオの
海抜700~800m付近だそうです。
開花株で30cmから1mくらいの株高。
バルブは真っ直ぐ立ち上がるもの、
曲がりくねるものなど、さまざまです。
ほとんど黄色花が多いのですが
中には花弁が紫の絞り咲もあります。
Den.サンギノレンタム-1
この個体は前の個体より良いかも。
Den.サンギノレンタム-2
でも花全体の大きさが、少し小ぶりです。


Den.parthenium   SECTION Formosae
(デンドロビュ-ム属 パ-セニュ-ム  フォ-モッサム亜属)
Den.パ-セニュ-ム-1
自生地はボルネオ島のサバ州、キナバルの山域等、
海抜1000m付近に生育しているようです。
背丈は1m弱のバルブで、葉は卵型笹葉
この種は平均真っ直ぐ立ち上がるものがおおいような気がします。
バルブの上部の節から2輪から3輪、花を付けます。
特徴はリップの奥に赤点が付くこと
中には赤点が無く、アルバの花
Den.パ-セニュ-ム-2

リップ周辺がピンクのぼかしなど
Den.パ-セニュ-ム-3
花持ちが非常に長いです。


この時期、ハダニ、ナメクジ等のはびこる時期です。
今年も何株か、ハダニの害を受けているのが出てきました。
早めの防除で切り抜けたいと、S剤を散布し、様子見です。
ナメクジはマイキラ-の200倍でほぼ、治まったようです。
  1. 2011/08/03(水) 14:08:54|
  2. デンドロビューム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

プロフィール

あもうパパ

Author:あもうパパ
2008年6月定年退職しまして、セカンドライフが始まりました。
50歳くらいからバラエティ-にとんだ洋蘭をはじめました。
毎日娘のゴールデンレトリバー2頭と性格正反対の妻とワイワイガヤガヤしつつ楽しく過ごしています。最近じーじになり孫のガン見に照れ、癒されています。
ブログ初心者ですのでお手柔らかに。
08.09.23 生活をともにした天羽、13歳3ヶ月逝く
09.05.12家族が増える。
09.03.01生まれの、 ゴールデンレトリバー『ひなた』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。