癒しのオーキッドハウス

定年退職し、時間がある程度許されるので いい花も咲かせるのでは? そして皆様に紹介していけたらと思っています。中には数時間しか咲かない花もあります。ぜひ見ていただきたいです。 目標は週に1回以上の更新です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

実りの秋

ここ数日、良い天気が続きました。

近所の稲刈りも、ほぼ終わったようです。
明日くらいから下り坂か?
一雨ごとに寒くなるのかなあ。

でも我が家では今頃、夏の花が咲いています。
沖縄の花、オオゴチョウです。
オオゴチョウ
いつも6月頃から8月まで咲いているんですが
なんと、10月にはいって咲き出しました。

その他の花たち
Den.faciferum   SECTION Rhopalanthe
(デンドロビュ-ム属 ファシフェラム  ロパランテ亜属)
Den.ファシフェラム
自生地はインドネシアの小スンダ諸島の、モルッカ諸島(ジャワ島の右の小島)、
スラウェシ島(ボルネオ島の右の島)です。
株高かは、1mくらいになります。
株もとのバルブは太く、急に細くなり中段より多肉の笹葉が付きます。
花の大きさは1cm大で花の色は緑に近いものから赤からオレンジ色までいろいろです。
花寿命は10日~20日程度で香りはありません。
赤色は少ないのか、色々探していますがまだ入手していません。


今回、まずまず大きい花が咲きました。
Den.papilio   SECTION Dolichocentrum
(デンドロビュ-ム属 パビリオ  ドリコセントラム亜属)
Den.パビリオ
別の書籍によればカルカリフェラ亜属に分類されている場合もあります。
自生地はフィリピンです。
これがデンドロか、と言うような細いバルブです。
バルブとは言えないような2mm弱の針金状の茎です。
葉も細く、少し乾かしすぎると葉がなくなります。
非常にデリケ-トな栽培を要します。
水分がビタビタでもNG、カラカラでもNG。
その中間の環境作りが強いられます。
風通しのいい所が良いです。
我が家ではプラ鉢に小粒のニュ-ジ-ランドバ-クで対応しています。
花の大きさは5cm~7cmくらいです。
花持ちは1週間~10日弱です。
リップに赤紫の不規則な模様が入ります。
この模様が個体によりさまざまで良し悪しが分かれます。
管理は中温、中程度の光量、湿度は高湿度を好みます。


Den.arcuatum   SECTION Calcarifera
(デンドロビュ-ム属 ア-クアタム  カルカリフェラ亜属)
Den.ア-クアタム
自生地はインドネシアのジャワ島の南部です。
株高は40cmほどの大きさです。
非常に開花率が良く、毎年沢山咲きます。
通常、白花でリップが黄色が乗るのが普通です。
中にはリップも白色の個体もあります。
花の大きさは、4~5cmです。


緑の岩陰から毛ガニが覗く?
Bulb. phalaenopsis  SECTION Macrobulbon
(バルボフィラム属、ファレノプシス  マクロブルボン亜属)
Bulb.ファレノプシス
自生地はニュ-ギニアの低地です。
バルブは大きく、たまねぎくらいの大きさのまん丸。
葉巾30cm、長さ1m近い。
昆布のようにも見える。
結構湿度が必要で、順調に成長していると、葉の色も緑がかっています。
花は一花茎に10輪以上の花が付きます。
完全には花は開花しません。
どの様な方法で子孫を増やすのでしょうか。
花持ちは普通で、10日以上は見られます。


Bulb.Dearei?  SECTION Sestochilus?
(バルボフィラム属 ディアレ-?  セストキラス亜属?)
Bulb.ディアレ-
バルボ.ロビ-にも良く似ている。
非常に生育が強く、良く育ちます。
自生地はボルネオ、カリマンタン産。
ロビ-で入ってきましたがディアレ-でしょうか。
冬近く、開花するときは、花が湿気るときが多いです。
ハウス内の潅水を一度に全部やらず、毎日部分的に行い、
極端に、ハウスの湿度を上げないように心がける必要があります。
と、言いますのも低温になると水をやらなくても、湿度が上がります。


他、Bulb.シルホの類?
Bulb.イエロ-スポット
当、株はインドネシア産。
花の大きさは09cm×3.4cm、
今年は9花、咲きました。


我が家では数少ないレリアの類の一つ
L.perrinii fma.semi-alba‘Alpha’
(レリア属 ペリニ- セミアルバ 個体名:アルファ)
L.ペリニ-
自生地は南米、ブラジルの海抜800m付近だそうです。
今年は花も大きく、14cmくらいありそう。
良い香りがしています。


友人のハウスでは、主にカトレア栽培をしています。
内張りも施し、もう加温をしています。
我が家では主にデンドロで、ボチボチハウス内への取り込みの
準備を開始せねばと、気をもんでおります。
スポンサーサイト
  1. 2011/10/20(木) 20:37:36|
  2. デンドロビューム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

まぼろしのデンドロ

まぼろしのデンドロが咲く

前々から写真の記録はありましたが、
殆ど流通が無く、名前も付いていない種です。
最近、この種の株がラン屋様を通じて入荷しました。
流通名は Den.terengganuensis SECTION ?
   (デンドロビュ-ム属 テレンガナエンシス  亜属不詳)
テレンガナエンシス-1
自生地はマレ-シアです。
このマレ-シアのクアラルンプ-ルの右上にTerengganu州(テレンガヌ州)があり、
多分、この辺りで発見されたのかも解りませんね。
株高は30~40cm程でほぼ直立に立ち上がります。
バルブの上部に近いところの節からステムが2cmほど伸び、
今回、3輪着花しました。開花時は薄グリ-ン色ですが2~3日経つと
少し黄色味を帯びてきました。
花の大きさは3cm程です。
テレンガナエンシス-2
ペタルとリップの先がヒゲの様なフリル状になり、非常に綺麗です。
この花でフライフィッシィングをすると魚がつれるかも分かりませんね。
花持ちも結構長いのかな。


Bulb.mastersianum   SECTION Cirrhopetalum
(バルボフィラム属 マスタシアナム シルホペタラム亜属)
Bulb.マスタシアナム-1
自生地はボルネオ島の低山です。
バルブは2~3cm、葉も緑濃く、細長いです。
バルブの元から花茎が30cmくらい伸び、結構大きい花が付きます。
今回は、渋みの強いダ-クブラウンの花が咲きました。
Bulb.マスタシアナム-2
この類の花は通常、短冊の1枚が1輪で、写真では
10輪くらい着花した状態です。
開花期間は10日くらいです。


今日は金比羅宮の秋の大祭が、おごそかに催されます。
小さい時のこの時期はジャンパ-をきてお参りに行っていたのを思い出します。
今では長袖の夏服で過ごせます。
50年で随分暖かく変わりました。
温暖化、これでいいのかなあ。
  1. 2011/10/10(月) 20:52:23|
  2. デンドロビューム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今日は寒い

今日のように雨だと、寒く感じるようになってきました。
明け方は、15度C近くなっています。
この時期が来ると、毎年悩みます。
外出しの株をいつ入れようか。
晴れの日にしようか、曇りの日にしようか。
いつも結論は出ないまま、何とかなっています。
今年もこの季節がやってきました。

ハウス内は花の少ない時期
Den.hamaticalcar   SECTION Calcarifera
(デンドロビュ-ム属 ハマチカルカ-  カルカリフェラ亜属)
Den.ハマチカルカ-
自生地はボルネオのサバ州の海抜400~900m付近だそうです。
株立ちは1m弱でバルブは、ほぼ直立します。
花はバルブの上部に10輪近く、ぶら下がって開花します。
花の大きさは3cm弱、花持ちは20日程度です。


花柄の変種が多い種の
Den. serratilabium   Section Calcarifera
(デンドロビュ-ム属 セラテラビュ-ム  カルカリフェラ亜属)
Den.セラテラビュ-ム-1
自生地はフィリピンのルソン島
株高は1m前後、バルブの根元は細く、立ち上がる程、太くなります。
上部で10φ位の太さです。
比較的、幅広の濃い緑色の葉が付いています。
前回も述べましたが、この種、なかなか新しいリ-ドが出にくいのです。
この花の特徴はリップの先がのこぎり状になっています。
Den.セラテラビュ-ム-2
また花弁の模様に筋があるもの、チェック柄など、さまざまです。
花の大きさは3.5×2.5cm、
花は3~4年過ぎた古いバルブにも付きます。
このカルカリフェラ亜属は成長期には中温、高湿度管理をし、
冬季は乾燥気味の管理を心がけています。


Cyc.pentadactylon ‘Galaxy’
(シクノチェス ペンタダクチロン ギャラクシ-)
Cyc.ペンタタクティロン
自生地はアマゾン流域のペル-国境に近い海抜750m~1000m付近。
株高は、20cm程度です。えびねに似た葉が4~5枚付きます。
葉の元から花芽が出て、6×6センチ程の花が10輪くらい房状に
開花します。
Cyc.ペンタタクティロン-2
甘いパイプタバコの香りがハウスいちめん、香っています。
この咲いている花は雄花です。
同株から雌花、雄花が花茎を変えて咲くことがあるのですが、
未だこの株からは雌花が咲いたことがありません。
この種、毎年ハダニが着ます。
要注意です。


V.jennae
バンダ属 ジェナエ
V.ジェナエ
この種名、「jannae」 と、思っていましたが間違いでした。
インドネシアのスラウェシ島(ボルネオ島の右隣)だけの自生で、
海抜1200m付近の谷間だそうです。
5cm程度の花が数輪開花しました。
クリ-ム色に赤のスプラッシュ、結構厚肉の美花です。
もう少し赤の乗りが大きければいいのですが---。
この種、暑いより、結構涼しいほうがいいようです。
花持ちも20日は楽しめそうです。


夏の暑さ疲れで株の消えていくものがちらほら出てきました。
冬に向けての寒冷紗の撤去、株の仕立て、ハウス内の草抜き等
しなければならないことがいっぱい
頑張ります。
  1. 2011/10/05(水) 17:59:56|
  2. デンドロビューム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

あもうパパ

Author:あもうパパ
2008年6月定年退職しまして、セカンドライフが始まりました。
50歳くらいからバラエティ-にとんだ洋蘭をはじめました。
毎日娘のゴールデンレトリバー2頭と性格正反対の妻とワイワイガヤガヤしつつ楽しく過ごしています。最近じーじになり孫のガン見に照れ、癒されています。
ブログ初心者ですのでお手柔らかに。
08.09.23 生活をともにした天羽、13歳3ヶ月逝く
09.05.12家族が増える。
09.03.01生まれの、 ゴールデンレトリバー『ひなた』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。