癒しのオーキッドハウス

定年退職し、時間がある程度許されるので いい花も咲かせるのでは? そして皆様に紹介していけたらと思っています。中には数時間しか咲かない花もあります。ぜひ見ていただきたいです。 目標は週に1回以上の更新です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さくら咲く季節

やっと春めいてきました。
昨日は暖かく、暑いくらいだったです。
ところが今日は北風強く、雨。
またまた薪スト-ブ、稼動です。

今になって咲いてきました。
Den. primulinum Vor giganteum 'Saraga' SECTION Dendrobium
(デンドロビュ-ム属 プリムリナム ギガンチュ-ム サラガ  デンドロビュ-ム亜属)
Den. プリムリナム ギガンチュ-ム サラガ-1
Den. プリムリナム ギガンチュ-ム サラガ-2
自生地はヒマラヤ東部からアッサム、中国雲南、タイ周辺の広範囲です。
よって色々、素晴しい個体も沢山出ています。
この primulinum、丈は50cmくらいでしょうか、
バルブは結構太く1cm以上あります。
通常は樹木の幹に着生して、バルブは垂れ下がっているのでしょうが
我が家では場所をとるため、真上に伸ばしています。
昨年秋からDen亜属のみ別棟のハウスで管理したのですが
冬から春にかけての温度が足らず、開花が遅れました。
小さなハウスですと温まりやすく、冷めやすく難しいです。
2~3年前からデンドロ亜属系の出展に力を入れていたのですが
春の蘭展も終わってしまいました。


Den. faciferum ‘Mao’ SECTION Crumenata 
(デンドロビュ-ム属 ファシフェラム マオ クルメナタ亜属)
Den. ファシフェラム マオ
このファシフェラム、前回は 「SECTION Rhopalanthe」と、説明したのですが
ヤフ-の検索では、「SECTION Crumenata」 になっていました。
自生地はインドネシアのマルク諸島、スンダ列島の周辺だそうです。
通常の株は50cm~1m位の株立ちで葉は多肉の細い笹葉です。
成長も結構育つのですが、この個体は大きさも30cmくらいでしょうか。
成長も遅く、年に1~2本増える程度です。
この‘Mao’赤の濃い花です。


Den. Schuetzei  SECTION Formosae
(デンドロビュ-ム属 シュッツイ フォ-モッサム亜属)
Den. シュッツイ
自生地はフィリピンの低地に見られます。
背丈は30~40cm程度で剣先の葉です。
今年も2バルブに花が付いたので蘭展に出品予定でしたが、1本は湿気て消滅しました。
残りの花がこれです。
この個体、結構大きな花が付きます。
10センチはあるかな。
ぼちぼち今年も終わりそう。


Bromheadia brevifolia SECTION Aporodes
(ブロムハーディア属 ブレビホリア  アポロデス亜属)
ブロムハ-ディア. ブレビホリア 
自生地はスマトラ島、マレ-シア、ボルネオの海抜1000m周辺だそうです。
株は非常に小さく、手のひらに乗る大きさ。
ちなみにこの株はカリマンタン産です。
杉の葉っぱの頂点に花が付いたように見えます。
花の大きさは2cm大、良く咲いてくれます。
ただ花持ちが悪いのが欠点です。
その他、珍しい株をインドネシアから持って帰りました。
そのうち、開花しましたら随時、ご紹介したいと思っております。


その他
Den. リポリュ-ム

Den. ロ-ドステクタム

Bulb. アンテニフェルム

Phal.マンニ-


トリコグロテス. イオノスマ


今年も植え替えの適期となりました。
我が家でも大忙しです。
一喜一憂しながらの作業。
一株一株チェックしながら植え替え日をラベルに追記しながらの作業です。
はかどりませんねえ。
スポンサーサイト
  1. 2012/03/31(土) 22:27:58|
  2. デンドロビューム
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

春一番

先日、春一番が吹きました。
日増しに温度も上がり、ボイラ-の燃料消費も少なくなってきた。
助かるなぁ。

意外と早く咲きました。
Den. canaliculatum fma alba SECTION Spatulata
(デンドロビュ-ム属 カナリキュラタム フォ-マ アルバ スパチュラ-タ亜属)
Den. カナリキュラタム アルバ
SECTION Spatulata は、背丈、3m以上の高い木から手の平に乗る小さな株まで
バルブも腕の太さからマッチ棒の大きさまで色々です。
このDen. canaliculatum は、
小さい方の類でバルボフィラム属のバルブのように
らっきょう形の偽茎球です。葉っぱ、これもらっきょうの葉っぱに似ています。
よって、多肉質の葉です。
自生地はオ-ストラリア、ニュ-ギニアで温暖な環境が適しています。
 通常の花は
Den. カナリキュラタム
花に特徴が有り、グリ-ン/イエロ-とパ-プルの色彩が美しいです。
さわやかな香りもまた良いです。
花持ちは一ヶ月以上咲き続けています。
栽培は小粒のバ-クでもいいですが、ミニチュアタイプなので、ヘゴ付けがいいでしょう。
間違っても水ゴケ植えは失敗します。
(潅水しても、その日に完全に乾く事)


作り易い ウイリアムソニィ-
Den. williamsonii  SECTION Formosae
(デンドロビュ-ム属 ウイリアムソニ-  フォ-モッサム亜属)
Den. ウイリアムソニィ-
自生地は中国ヒマラヤからミャンマ-、タイの海抜600mから1500m付近
株は小形で、バルブは紡錘状の張りの有る形をしています。
花は葉の付いた頂点に着きリップの赤がひときわ目立ちます。
冬の間は無肥料で潅水を少なめに管理をし、春から通常に戻すのがコツ


Dilochia cantleyi
(デロキィア属 キャントレ-)
デロキィア属 キャントレ-
草姿はデンドロビュ-ム属に似て細いバルブを直立させる種です。
丈は1mくらいあり、たまご型の葉を相互につけます。
自生地はスマトラ島、ボルネオの海抜1500~2000m付近に着生しているそうです。
バルブの頂点から花が付き、一見セロジネのような花形です。
意外と花もちは悪く、一週間程で終わります。


その他、
Den. クルエンタム
その他、Bulb


今週日曜日まで、ロ-カルの三越にて、四国蘭協会の春の洋蘭展が開かれています。
高松三越 5階、催し物会場まで御来店ください。
珍しい交配のデンドロビュ-ムから、蘭の大女カトレアまで
今回で60回を迎えます。
その他、初心家向けの株の販売もしています。
11日(日)までです。
"また、今回初の『世界蘭展2012』が3月15日~20日まで広島市、広島県立広島産業会館
西展示場にて開催されます。
  1. 2012/03/08(木) 21:25:39|
  2. デンドロビューム
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

プロフィール

あもうパパ

Author:あもうパパ
2008年6月定年退職しまして、セカンドライフが始まりました。
50歳くらいからバラエティ-にとんだ洋蘭をはじめました。
毎日娘のゴールデンレトリバー2頭と性格正反対の妻とワイワイガヤガヤしつつ楽しく過ごしています。最近じーじになり孫のガン見に照れ、癒されています。
ブログ初心者ですのでお手柔らかに。
08.09.23 生活をともにした天羽、13歳3ヶ月逝く
09.05.12家族が増える。
09.03.01生まれの、 ゴールデンレトリバー『ひなた』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。